• TOP
  • 芸能
  • 2年ぶりドラマ主演のジェジュンが語る恋愛観

芸能

2017.11.08 16:00  女性セブン

2年ぶりドラマ主演のジェジュンが語る恋愛観

日本再始動のジェジュン

 2年ぶりの主演ドラマ『マンホール~不思議な国のピル~』(CS放送局・衛星劇場にて11月14日23時より日本初放送開始予定)で、“すべてにおいて平均以下”の悲惨なフリーターのボン・ピルを演じるジェジュン。ヒロインは元AFTERSCHOOLのユイ、ほかにB1A4のバロなど、人気アイドルグループ出身者と共演している。そんなジェジュンに共演者とのエピソードや恋愛観まで聞いた。

──共演者とはすぐ打ち解けた?

「最初、ぼくたちはお互いのことをあまり知らなかったので、撮影に入る前にみんなでプールへ行こうってことになったんです。スタッフの同行なしで、自分たちだけで行って、もちろん水着で!

 子供みたいに遊んだせいか、すぐに親しくなれて、それ以来、気兼ねなく接して話せるようになりました」

──もしタイムスリップできるとしたら、過去と未来、どちらに行きたい?

「未来には行きたくない。これからの人生を知るために、今を生きているわけですから、未来を知ってしまうのなら、すぐ死んでも、問題ないのかも。

 過去に行くとしたら…正直言って、大昔ではなくて、1年か2年前くらいがいい。あ、でも今戻ったら、また軍隊に行かなければならないか(笑い)。今から1~2年が過ぎたら、その時には過去に戻りたいと思うでしょうね。“あれは失敗だった”と思うところだけ少し修正しながら、現在に戻ってきたらいいんじゃないかな」

──もし、ピルと同じように片思いしていたらどうする?

「ぼくなら、彼女のことは諦めます。遠くから応援するとか、距離を置くべきじゃないかな。

 まだ彼女が結婚前なら、少しは振り向いてもらおうと努力はすると思います。とはいっても、直接行動をするのではなくて、離れたところで懸命にかっこよく生きる姿を間接的に見せれば、もう一度、自分という存在を認識させることができるし、いつか近づける機会がまわってくるかもしれない。

 でも相手がほかの男性と結婚するとなると、身を引くべき。相手を思いやって、尊重すると思います」

 久しぶりに見せてくれるジェジュンのぶっ飛んだ演技。そしてさまざまなキャラクターを演じる“コスプレ的(!?)”にも楽しみな本作。新しいジェジュンの魅力が満載だ。

撮影/平野哲郎

※女性セブン2017年11月16日号

関連記事

トピックス