芸能

日本で超絶人気の東方神起に韓国記者からは「正直意外」の声

東方神起は韓国ではかなり独特の立ち位置?(公式HPより)

 2年間の兵役を経て、再始動したユンホ(31才)とチャンミン(29才)の東方神起。65万人を動員した5大ドームツアーを大成功させるなど、日本での人気は過熱の一途を辿る。しかし、韓国では一体どんな反応なのだろうか。アイドルの価値観、ファンの性質、メディアの報道姿勢、その全てが日本とはまるで違う韓国の芸能界事情を、現地のスポーツ紙記者Aさん(30代女性)、ネットメディア記者Bさん(20代女性)、テレビ局員Cさん(30代女性)の3名が本音で語りまくった。

A:再始動した東方神起が今、日本でかつてないほど人気らしいんですけど、率直にどう思います?

B:正直、意外だな、と。韓国では、そこまで大衆人気のあるグループではないし…。

C:韓国では兵役を終えて活動を再開した、っていうのが少しニュースになったくらいで、大々的に活動を報じるメディアもないですからね。

B:韓国では今、男性アイドルだと『防弾少年団』とか『Wanna One』、『BTOB』、女性アイドルだと『BLACKPINK』や『TWICE』が人気で、今さら東方神起っていわれても、ピンとこないです。

C:復帰後はバラエティー番組とかよく出ているけど、ツアーにファンが殺到!みたいな再ブームぶりは感じません。活動の中心が日本だからってのもあるのかな?

B:それは大きい。そもそも東方神起って、韓国ではかなり独特の立ち位置ですからね。

A:そうそう。人気がないわけじゃなくて、「昔からファン層が変わらない」っていう珍しいグループ。

C:韓国内ではずっと同じファンがついているイメージですよね。時代が流れ、次から次へと新人アイドルが出てきても、トンペン(東方神起ファンの名称)は脇目も振らずに彼らだけを見ている。ある意味、ファンが“ガラパゴス化”しているというか。これってかなりレアなこと。

A:基本、韓国人のアイドル熱って一過性のものですからね。ファンは流行によってその時々のアイドルに夢中になるけど、すぐ冷める。

B:グループ自体が長く存続しませんからね(笑い)。

C:実際、ほとんどのアイドルグループは分裂して、解散していきます。少女時代も10月の契約更新で3人抜けちゃったし。

A:みんな過酷な練習生時代やデビュー直後は「絶対に売れてやる!」っていうハングリー精神で生きているから、一丸となっている。でもひとたびスターダムに上り詰めると、目標を見失ってしまったり、目指すべき道がバラバラになっちゃうんですよね。

C:東方神起も一度は分裂したけど、ユンホとチャンミンを見ていると、「あの時ファンを裏切ってしまった」という十字架をすごく背負っている感じがする。「だからこそ、もう絶対に裏切らない」という真摯な姿勢に結びついているというか…。

B:他のアイドルと違って、安心感はありますよね。デビューからもう14年目ですが、この2人は解散しないな、という確信がある。だから新規ファンは増えないまでも、昔のファンが“離れない”。

A:韓国のアイドルたちの中でも、レジェンド的な存在になりつつありますよね。

※女性セブン2017年11月30日・12月7日号

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン