ライフ

年末ジャンボ 埼玉県深谷市に「黄金のトライアングル」出現

埼玉県深谷市「大当たりの三角地帯」

 明るいニュースの少なかった2017年だが、最後に億万長者になれるチャンスがやってきた。「年末ジャンボ宝くじ」の発売期間は11月27日~12月22日。実は、高額当せんが出る「ツイてる売り場」に、はっきりした“傾向”が出てきているのだという。

「最近のジャンボ宝くじの高額当せんの傾向を分析すると、ツキが移動せずに“滞留”するようになっていることがわかります」

 そう語るのは“山ちゃん”の愛称で知られる宝くじ研究家・山口旦訓氏だ。今年の年末ジャンボは3年連続で史上最高額となる1等前後賞合わせて10億円が25本。

「1等の金額が高額化している分、当せん確率は低くなっている。そのため日本三大売り場と呼ばれるような有名店でも1等が出にくくなったのですが、その一方で高額当せんが集中するエリアが出現しています。特に注目なのは埼玉県深谷市です」(山口氏)

 深谷市は驚異的な“パワースポット”と化している。

「市内には売り場が5か所あり、不思議なことに“そのうち3つの売り場”で短期間に集中して高額当せんが出る、という現象が続いています。私は“深谷の黄金のトライアングル”と呼んでいます」(山口氏)

 2005年、「深谷アリオCC」でグリーンジャンボの1等前後賞2億円、ドリームジャンボ2等1億円、年末ジャンボ2等1億円が出ると、「深谷駅前CC」からも年末の2等1億円、「花園道の駅CC」では翌2006年の年末で2等1億円が出た。これが1回目のトライアングル出現だった。

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン