• TOP
  • 国内
  • 北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子に番組Pが会うまで

国内

2017.12.05 07:00  週刊ポスト

北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子に番組Pが会うまで

『ザ・ノンフィクション』は数々の名作を生んだ(『花嫁のれん物語』より)(画像は「花嫁のれん物語」)

 日曜の昼下がり、硬軟織り交ぜたテーマで時代を映し出す長寿番組がある。1995年10月から続くドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系、日曜14時~)は、関東ローカルのみの放送にもかかわらず、全国規模で大反響を巻き起こす“伝説の作品”も数多い。

 今年10月、お茶の間に衝撃が走った。テレビから流れてきたのは、1996~1998年に7人が死亡した「北九州連続監禁殺人事件」の犯人の息子(24)が初めてメディアのインタビューに応じた映像と肉声だった。

『人殺しの息子と呼ばれて…』と題して2週にわたって放送され、2週目の視聴率はこの時間帯では異例の10.0%を記録した。両親が逮捕された当時、息子は9歳だった。なぜ今、テレビカメラの前に立ったのか。

 すべては1本の電話から始まった。自ら息子をインタビューしたチーフプロデューサー、張江泰之氏が説明する。

「今年6月に放送した特番『追跡! 平成オンナの大事件』で北九州連続監禁殺人事件を扱ったんです。この放送を見た息子さんがフジテレビに電話で抗議してきました。担当プロデューサーの私に電話がつながれ、それから毎日2~3時間、彼と電話で話しました。本当は会って話した方がいいと思いましたが、すぐ会いたいと言うと彼には安っぽく聞こえてしまうでしょう。1週間ぐらい話した後、北九州の空港で会ったのが最初の対面です」

 彼はこれまで背負ってきた人生を語るのなら、相手は張江氏にしたいと覚悟を決め、計10時間に及ぶインタビューに応じたという。

※週刊ポスト2017年12月15日号

関連記事

トピックス