ライフ

がんを「切る費用」と「切らない費用」はいくらか

治療に必要なお金は「治療費」だけではない

「がん」も、70代になると「治そうとするべきか」という問いが生まれてくる。2017年4月、国立がん研究センターは75歳以上の肺・胃・大腸・乳がん患者を調査し、「抗がん剤を使用した人としていない人で生存率に大きな差がなかった」と発表した。

 がん治療にかかる費用は少なくない。たとえば早期胃がんで内視鏡手術を受けた場合、年間の治療費総額は80万~90万円。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏はこういう。

「高額療養費制度を利用することで、最終的な自己負担額は8万円程度、75歳以上であればさらにその半額になるものの、治療費以外にかかる費用がかさみます。がんの種類やステージにもよりますが、一般的に手術をすれば2~3週間の入院が必要。個室に入れば最低でも1日5000円以上の出費となり、日用品や衣類、見舞いに来る家族の交通費など、治療費以外に年間50万円以上かかることもある」

 もちろん、回復の見込みがあるなら、「カネの問題ではない」という話になるが、前述の国立がん研究センターの発表の通り、70代以上では治療が延命につながらないこともあるとわかってきた。そうなると、判断は変わってくる。

「75歳を過ぎると、抗がん剤の副作用に耐えられなくなってくる。手術は身体への負担が大きく、免疫力や身体の衰えから再発・転移のリスクもある。治療が長引くほど患者と家族の費用負担が増えることも踏まえて、高齢の患者には“切る”ことを勧めない医師もいます」(前出・室井氏)

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン