スポーツ

花田優一の義父・陣幕親方 年寄総会で八角理事長を袖にする

花田優一氏の義父・陣幕親方も貴乃花親方を援護

 元横綱・日馬富士の暴行事件の余波により、日本相撲協会の理事から解任されることとなった貴乃花親方(45才)。協会内では土俵際に追い込まれているが、妻である花田景子さん(53才)や長男の花田優一さん(22才)、高校生と中学生の娘2人などのファミリーとの絆は固い。

 長男・優一さんは18才で単身イタリア・フィレンツェに渡って修業を積んで靴職人となった。父親譲りの甘いマスクで、最近ではラジオのレギュラー番組を持つなど、タレントとしても活躍している。

 貴乃花親方の全盛期に生まれた優一さんは、父親を心から尊敬する。著書『夢でなく、使命で生きる。』(ポプラ社)で彼はこう書く。

〈この世にいるスーパースターは、父に比べたら、所詮地球上の格好良さだった。父は僕にとって宇宙レベルの格好良さだから、誰一人として比べる対象にもならない。身震いがするほど格好良い。そんな父の息子で生まれる使命をいただいたことほど、今を生きる幸せはない〉

 一家にとって心強いのは、優一さんを介して“新たなファミリー”が増えたことだ。

「優一さんは昨年、1才年上の女性A子さんと結婚しました。A子さんは、陣幕親方(元前頭・富士乃真)の娘で、角界とも縁が深い。昨年12月18日、貴乃花一門の忘年会が開かれました。親方衆が何人集まるかで、貴乃花親方の騒動の対応がどれだけ支持を集めているのかがわかる機会だったのですが、そこに優一さん夫妻が参加していたことには驚きました。親方の子供とはいえ、一般人ですし、親方としても今回の騒動に巻き込みたくなかったでしょうからね。でも、優一さんにしてみれば、“父親の正念場で少しでも役に立ちたい”という一心だったんでしょう」(出席者のひとり)

 貴乃花親方にとって増えた仲間はA子さんだけではない。A子さんの父親である陣幕親方は、もともと貴乃花親方の“敵方”の中心にいるべき立場の親方だった。というのも、陣幕親方は、貴乃花親方とライバル関係にある八角理事長の部屋に所属しているからだ。しかし、娘と優一さんの結婚を機に立ち位置が一変した。

「昨年12月末、親方衆が出席して行われた年寄総会で、貴乃花親方の不利になる人事案に対して、陣幕親方が『反対だ!』と声を張り上げました。それには、会場がどよめきましたね。“上司”であるはずの八角理事長を袖にして、娘婿の父親の貴乃花親方を守ろうとする行動でしたから」(若手親方)

 優一さんの義父の加勢で、ますます強固となる貴乃花ファミリー。元日の夕方、部屋から出てきた景子さんは本誌・女性セブンの直撃に歩を止め、会釈しながらにこやかに応えた。

「あけましておめでとうございます。元日から大変ですね。今日は子供が一緒なので、すみません…」

 多くを語らなかったが、新年にふさわしい晴れやかな笑顔が順調さを感じさせた。

※女性セブン2018年1月18・25日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン