• TOP
  • ライフ
  • 雪の日に若い女性に食らいつく「ハイエナ港区おじさん」とは

ライフ

2018.01.22 19:00  NEWSポストセブン

雪の日に若い女性に食らいつく「ハイエナ港区おじさん」とは

大雪の日、男性から数々のメールが…

 現役港区女子でコラムニストの吉川リサコ氏のもとに、大雪のさなか、何人かの男性からメールが届いた。吉川氏は彼らを「ハイエナ港区おじさん」と呼ぶ。どういうことか。

 * * *
「東京都心で雪」と聞いてもいつも大して積もらないが、今回はけっこうな大雪である。外は真っ白だ。

 ふと窓から携帯に目を移すと、あまり見慣れない名前からメールが来ている。しかも数人。これは天気が荒れると発生する“ハイエナおじさん現象”である。

「早くお家に帰りなね。あ、うちにくるう?」
「寒いねぇ、二人で温まりたいな(^_-)」

 こんなメールをしてくるのは、決まって中小企業の社長または自営業の男性たちで、けっこう年が上の独身である。飲み会で出会うと金持ちアピールをするが、中身は単なるおじさんだったりする。私は「ははは。寒いですね」くらいしか返信しないのであるが、「冷たいな、リサコちゃんが冷たいから風邪ひいたらどうするの?(^_-)」なんてイタイ返事が来たりする。そんな男は、ブロックして永遠の終わりを告げる。

 台風の日もメールが来る。

「雨すごいよぉ。タクシーもやっと捕まった。リサコちゃんはお家にいる?」
「家でひまだなあ。リサコ何してるの? 六本木で飲んでたりする?」

関連記事

トピックス