国内

増える「二拠点生活」 移住相談の約7割が20~40代

福井県越前町での地元と移住者の交流会

 都会で生活する人が地方にも生活拠点を持ち、行き来しながら暮らす“二拠点生活者”が増えている。2016年度から国土交通省が2つの地域での居住を促進するためのモニター調査を実施するなど、行政機関も、本格的な取り組みを見せている。

 二拠点生活といえば、ひと昔前はシニア層が別荘地などにセカンドハウスを持ち、悠々自適な生活を送るイメージだったが、今は事情が変わってきている。

 シニア層だけでなく、50代以下の現役世代でも、生活の場を都会と地方の2か所に構えるなど、二拠点生活者が幅広い年代で増えているのだ。

「私どもの調査では、昨年1年以内の移住相談件数約3万3000件のうち20~40代が全体の約7割を占めています。今はパソコンさえあれば、どこでも仕事ができますから、活動拠点を都会だけでなく、地方にも置きたいという気持ちがあるようです」(『ふるさと回帰支援センター』理事長・高橋公さん)

 例えば、都会で流行の最先端に触れた生活をしつつ、田舎では古民家で暮らし、農作業で野菜を作る。そうした二拠点生活では、それぞれ違った経験ができて視野が広げられる。自然豊かな地方には、子育て支援が充実しているところも多いため、都会で仕事をしつつ、住民票は田舎に移してのびのびと子育てをする人も増えている。

 都会と田舎双方のいいところを味わえる二拠点生活。が、注意点もある。1つは往復の距離と交通費だ。『移住・交流推進機構』総括参事の田染賢一郎さんは次のように説明する。

「例えば、東京と沖縄のように、2つの拠点を離れた場所にしている人もいますが、通う距離が遠いと、金銭的にも体力的にも負担が大きくなります。都心から車で2~3時間で通える関東近郊や、関西近郊が人気です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン