ライフ

野菜高騰時の救世主・カットレタスを使った牛肉のレシピ

カットレタスを使った「牛肉のシャキシャキ炒め」

 葉物野菜が高騰する中、リーズナブルで便利だと人気なのがカット野菜。ショッピングアドバイザーの今野保さんはこう話す。

「ハンバーグなどの肉料理には、サラダなどのグリーンを添えたくなるもの。カット野菜は付け合わせに買う人が多いんです」

 さらに料理研究家の島本美由紀さんはこう言う。

「カット野菜の中で圧倒的に人気なのが、シンプルなひと口大のレタスと、千切りキャベツです」

 そんなカット野菜だが、実は料理にも使いやすい。

「サラダ用にカットされた野菜は、短時間の加熱で食感を生かすのがポイント。野菜を切る手間も省けて、重宝しますよ」(島本さん)。

 サラダのイメージが強いが、レタス炒めは中華の定番。

「炒めものや汁ものなど加熱するときは、火を止める直前に加えるとシャキシャキした食感が残っておいしい」(島本さん)

 そこで、カットレタスを使った「牛肉のシャキシャキ炒め」のレシピを紹介しよう。

【『牛肉のシャキシャキ炒め』の作り方】

◆材料
牛切り落とし肉:100g、カットレタス:1袋(60g)、ごま油:小さじ2
にんにく(薄切り):1/2片分、赤唐辛子:1/2本、焼き肉のたれ:大さじ1

【1】フライパンにごま油とにんにく、赤唐辛子を入れて中火で熱し、香りがたったら牛肉を加えて炒める。
【2】牛肉の色が変わったら焼き肉のたれを加える。
【3】【2】が全体に馴染んだら、レタスを加えてさっと炒め合わせる。

撮影/菅井淳子

※女性セブン2018年3月15日号

関連キーワード

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン