• TOP
  • ビジネス
  • スニーカー通勤促すスニーカービズ 効果に懐疑的な見方も

ビジネス

2018.03.07 07:00  NEWSポストセブン

スニーカー通勤促すスニーカービズ 効果に懐疑的な見方も

革靴通勤スタイルは変わるのか?

 クールビズに続く“スニーカービズ”運動が展開されている。スポーツ庁が、働く人たちの健康増進を目的に、会社員にスニーカー通勤を促す「FUN+WALK(ファンプラスウオーク)」を提唱。3月18日までその強化週間となっている。

 昨年10月にこのプロジェクトを発表した際には、同庁の鈴木大地長官自らもスーツに白いスニーカー姿を披露。靴を含めた歩きやすい服装での通勤を呼びかけた。

 だが、国の掛け声とは裏腹に、どうもスニーカー通勤は広がっていない。その理由はいたって明確。「スーツにスニーカーはダサい」とのイメージが根強いからだ。

 ファッションジャーナリストの南充浩氏もいう。

「ジャケットに綿パン、インナーにはTシャツやタートルネックセーターなどドレスダウンしたスタイルが会社で認められていれば、裾の短いパンツにカジュアルスニーカーを合わせたりすることで似合うでしょう。

 でも、金融関係ほかお堅い職業や、多くの取引先を回らなければならない営業の人などは、きっちりネクタイまで締めたノーマルスーツの着用を義務付けられていることが多い。そのスタイルにスニーカーはどうしても違和感がありますし、お客さんや取引先の目も気になってしまいますよね」

 靴のカジュアル化を認めるなら、スーツの着こなし方も柔軟に──という意見が出るのも当然だ。

 スニーカービズに合わせ、紳士服大手の青山商事がストレッチ性や防臭効果を持たせた「エアテックスーツ」を出したり、はるやま商事がアディダスの協力を得てジャージ素材を使った「動けるスーツ」を発売したりとノーマルスーツも変化しつつあるが、やはりスニーカーとのコーディネートに抵抗のある人は多いだろう。

 だが、上下同色のノーマルスーツに履いてもおかしくない“ビジネススニーカー”はある。

関連記事

トピックス