芸能

“ギャラ飲み女子”が告白 本当にモテる芸人TOP5

飲み会でモテる芸人ダントツは平成ノブシコブシの吉村崇

 春といえば合コンの季節。芸能界でも芸人はモテるとよく聞くが、今流行の「ギャラ飲み女子(=芸能人や社長などとの飲み会にギャラをもらって参加する女子のこと)」30人に「本当に素敵だった芸人」を聞いてみた。そのトップ5を発表!

◆第5位
バイきんぐ 小峠英二(41才)
「こちらの話を笑顔で“うん、うん”としっかり、聞いてくれる優しい人。ずっといても飽きない」(20代・歌手)

◆第4位
カラテカ 入江慎也(40才)
「知っているゲーム数が無限で、毎回違うゲームで楽しませてくれます。とにかく楽しい」(30代・歯科医)

◆第3位
ロッチ コカドケンタロウ(39才)
「私服がおしゃれで普通にカッコイイところがギャップでよかった(笑い)。滑舌も悪くないし、大人な感じ」(20代・モデル)

◆第2位
ブラックマヨネーズ 小杉竜一(44才)
「あんまり美人じゃない子にもみんな平等に話を振ってくれてめっちゃ好印象。笑わせてくれる上に、急にマジメな顔をするとなんだかよく見えてしまって…」(20代・幼稚園の先生)

◆第1位
平成ノブシコブシ 吉村崇(37才)
「スキンシップが自然。カラオケの時、肩を組んできたけど嫌な感じもしないし、オラオラ感がない。生で見るとカッコイイし。さんまさんはいいけど、他の大物芸人はすぐ機嫌が悪くなったり嫌な人も多い。吉村さんは守ってくれる」(20代・女子大生)

◆番外編
 ちなみに本命には入らなかったが、みんなに高評価だったのは狩野英孝(36才)。「飲み会のお会計もタクシー代も男女問わず払ってくれた」(20代・タレント)と好評価。さすが、過去に6股していたモテ男! ちなみに、ギャラ飲み女子たちの相場は「1回1万円+タクシー代」だそう。

 一方、NG芸人の噂もギャラ飲み女子には一気に回っていました。「要注意は大物独身芸人」だそうです…。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン