芸能

岩下志麻が述懐、小津安二郎監督の「もう一回、もう一回」

 特にテストされたのは、失恋した哀しみのため自宅で茫然と巻き尺を巻き続ける場面だったという。それまでメロドラマに多く出演してきた岩下にとっては慣れた芝居だったが、そのことがかえって仇となってしまう。

「先生の指導は、『もう一回』『もう一回』っておっしゃるだけで、どこが悪いっていうのはおっしゃってくださらないの。でも、後で監督に言われた言葉で気づいたことがあります。おそらく、その時の私は『失恋したから』ということで悲しい顔をしていたと思うんです。撮影が終わった後にお食事に行きました時、先生は『悲しい時に人間っていうのは悲しい顔をするものじゃないんだよ。人間の感情ってそんな単純じゃないんだよ』ということをおっしゃって、『ああ、あの時の私は悲しい顔をしていたんだな』ということが分かりました。

 悲しい顔をしていたのか、動きが自然でなかったのか──きっと両方でしょうね。顔も動きも自然になるまで何度も何度もやって、先生は自然になるのを待っていたんでしょうね」

 巨匠の言葉が、覚醒を促した。

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2018年4月13日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン