芸能

NHK退社の有働由美子アナ アナウンス室での送別会はなし

同僚は退職を報道で知った人がほとんどだという

 いまだに巨大な体躯の元プロ野球選手の松井秀喜氏(43才)が、いつも通りの優しい笑顔で姿を見せた。それを出迎えたのは有働由美子アナ(49才)。『あさイチ』(NHK)で朝の顔を8年務めた軽妙な語り口で、松井氏から次々と本音を引き出していく──。フリーになった有働アナを視聴者が初めて目にするのは、そんなシーンになりそうだ。

 4月3日、有働アナが27年間勤めたNHKを3月末に退職したことが報じられた。

「NHK内でも一部の人にしか知らされておらず、寝耳に水でした。その限られた上層部に、彼女が辞意を打ち明けたのは今年に入ってからだそうです」(NHK関係者)

 冒頭の松井氏のインタビューは、5月12日に放送される『100年インタビュー~松井秀喜~』(BSプレミアム)。収録は彼女が退職の意向を伝えた後に行われたという。

 そして退職後すぐの4月5日、6月放送のドキュメンタリー『世界プリンス・プリンセス物語』(BSプレミアム)の収録のため、有働アナはヨーロッパへと飛び立った。

 退職の事実が事前に外部に漏れることなく、退職後もNHKの仕事が舞い込む状況を見ると、有働アナは“円満退社”のように見える。

《海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました》

 退職が報じられた日、有働アナはそうコメントした。

「確かに、ジャーナリストとして現場に出たいという有働さんの言葉は本当だと思います。特派員としてニューヨークのアメリカ総局に行った経験が大きかったみたいですね。カンボジア内戦や湾岸戦争を取材した経験を持つNHK解説委員の柳澤秀夫さん(64才)とは『あさイチ』で共演し、本当に尊敬していましたから」(前出・NHK関係者)

 だが、彼女ほどの功労者なら、退職しなくても希望は叶っただろう。それでもフリーの道を選んだのは、有働アナの、言葉には表れない悩みがあった。

「あさイチスタッフとの送別会は行われたそうですが、アナウンス室の送別会は予定がないそうです。そもそも、同僚たちは退職を報道で知った人がほとんどで、『送別会をやろう』と言い出す人もいません。有働さんとはなんとなく“壁”がある感じで冷え切っていましたから…。“有名人のお友達と慰労の会でもすれば”ということを言う人もいるほどです」(前出・NHK関係者)

※女性セブン2018年4月26日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン