国内

安倍首相、「昭恵抜きで訪米したい」の打診却下されガックリ

17日昼過ぎに羽田空港から飛び立った(撮影:つのだよしお/アフロ)

 国会で「嘘つき」と呼ばれ、内閣支持率はとうとう20%台にまで落ち込み、国会前の反安倍デモも勢いを増すばかりだが、安倍晋三首相(63才)には“なんか言ったって、わかるような人じゃねえもん”という諦めにも似た雰囲気が国民の間に漂ってきつつある。

 4月17日昼すぎ、安倍首相は昭恵夫人(55才)を伴って、政府専用機でアメリカに旅立った。トランプ大統領と会談し、20日に帰国する。

 森友問題が再炎上し、財務省内に自殺者まで出てしまった3月中旬以降、昭恵さんは雲隠れ状態だったが、今回の訪米で久しぶりに公の場に姿を見せた。

「昭恵夫人が森友学園の名誉校長をしながら、なぜ関係ないと言えるのか」「なぜあんな嘘を言い続けるのか、わからない」

 自民党の小泉純一郎元首相(76才)でさえそう指摘するほど、昭恵さんは“疑惑の中心”にいる。

「政府や自民党の間からも“騒動を収束させるには、昭恵さんが国民の前で真実を話すしかない”という声が高まっています。国会での証人喚問が無理ならば、記者会見を開けばいい。全国を講演で飛び回っていた昭恵さんなら会見を開くことなど苦でもないはずです。何より昭恵さんもその気です。しかし、そんな声は黙殺し、夫婦でアメリカ行きの飛行機に乗り込みました」(全国紙政治部記者)

 ちなみに、今回の訪米には、もう1人の“疑惑の人物”も同行した。加計学園の獣医学部新設にからみ、愛媛県の担当者を首相官邸に呼び出して「首相案件」と言い放ったと文書で明らかになっているのに、「記憶の限りでは、会っていない」という珍妙な言い訳を繰り返している元首相秘書官の柳瀬唯夫・経済産業審議官(56才)だ。

「帰国後すぐに国会の証人喚問が控えているので、政府専用機の中では首相とたっぷりと“口裏合わせ”ができるでしょうね」(前出・記者)

「実は、安倍総理も昭恵夫人のアメリカ行きは望んでいなかった」と明かすのは、ある官邸筋である。

「昭恵夫人が同行すれば、“そんなヒマがあるなら記者会見をやれ”という声が高まるのは必至です。そのため総理は“どうにかして昭恵を連れて行かずに済む方法はないか”と悩み、米側にも“1人で訪米したい”と打診したようですが、独身の場合を除けば首脳の訪問は夫婦同伴が基本。“ぜひ夫婦で来てほしい”と言われ、総理もガックリきてました」(官邸関係者)

 ところが、昭恵さんはというと、訪米が決まると喜んでいたという。

「ここしばらく外で飲み歩くのはもちろん、フェイスブックの投稿さえ禁止されていたので、ストレスが溜まる毎日が続いていた。“アメリカに行けば、いい息抜きになる”とでも思ったのでしょう。身から出たサビなのに…」(昭恵さんを知る関係者)

※女性セブン2018年5月3日号

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン