芸能

故・西城秀樹さん、才能を開花させる3人の子供たち

3人の子供たちもそれぞれの夢を追いかける

「普段から家族みんなで西城さんの70年代、80年代の映像を見て“またこんなふうに歌えるように、がんばろう”、“テレビに出るのをあきらめないでね”と、3人のお子さんがエールを送っていたそうです。西城さんも、そんな健気な子供たちのために、がんばっていたのですが…」(西城さんの知人)

 その日もそうだったのだろうか。4月25日夜、西城秀樹さんは愛する家族との団らん中に意識を失った。病院に運ばれたものの、5月16日夜に容体が急変、家族が見守る中、この世を去った。63才だった。

 女優や歌手とたびたび噂になり、“最後の独身貴族”といわれ続けた西城さんが永遠の伴侶と出会ったのは1999年、大阪でのことだった。お相手は18才年下、イギリスへの留学経験があり、土木関連の企業に勤めるキャリアウーマンだった。

 2001年に結婚すると、翌年に長女が誕生。しかし、妻が長男を妊娠中の2003年に西城さんは脳梗塞で倒れた。

「当時、“もう歌えないなら歌手を引退しよう”と弱音を吐いたこともありました。しかし、奥さんの励ましのもとリハビリに励み、2004年には次男に恵まれました」(スポーツ紙記者)

 まだ子供が幼い中での闘病生活だったが、2011年に再発。一命は取り留めたものの、右半身に麻痺が残った。

「あまりのつらさに“死にたい”と漏らしたこともありました。そのときには、奥さんが“焦らないで”と、寄り添ったそうです」(前出・西城さんの知人)

 妻の献身でリハビリに励み始めた西城さんだったが、やはり思うように体は動かない。そこには歌手として完全に復帰できない悔しさのほかに、子供たちと遊べないつらさもあったという。

 後遺症で体に麻痺が残った西城さんは、息子たちと公園で追いかけっこやキャッチボールをしたり、思う存分、外で遊ぶことができなかった。男親としては男同士の触れ合いを願っていたのだったが、それができないジレンマに陥っていたという。

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン