• TOP
  • 国内
  • 北海道の高校に勤務するビリギャル 何を教えている?

国内

2018.05.25 07:00  女性セブン

北海道の高校に勤務するビリギャル 何を教えている?

わずか1か月半で生徒の心をがっちり掴んださやかさん(撮影/菅井淳子)

 累計120万部のベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称『ビリギャル』)のモデルとして知られる小林さやかさん(30才)は現在、北海道の札幌新陽高校でインターン(実習生)として働いている。教師とはまた違った形で教育の場に足を踏み入れた“ビリギャル”は、高校生たちにどんなことを教えているのか。“ビリギャル流学校教育”を知るため、さやかさんの1日に密着した。

 朝8時前、さやかさんは女子生徒とおしゃべりをしながら登校。昇降口で「じゃあ、また後でね」と言い合う姿はまるで友達同士のようだ。

 登校するとすぐさま3階の進路支援室へと向かう。ここにさやかさんのデスクがある。パソコンを開き、スケジュールチェックをすると、すぐに書類の作成を始める。

「この学校には『クリエイティ部』という、生徒たちがデザインした服を売っている部活があるんですが、ネットで全然売れなくて…。どうしたら売れるだろうって生徒たちと相談した結果、『しんようカフェ』というイベントを開催することに。その打ち合わせを昼休みに行うので、そこで使うプリントを作っています」(さやかさん)

 8時15分からは全職員の朝礼に参加。終了後、さやかさんは先生たちに積極的に声をかけ、真剣に話し込む。その姿は教師と何ら変わらない。

「先生たちの中には、最初私を煩わしいと感じていた人もいると思います。私ならそう思う(笑い)。だから、最初の1か月は生徒より先生たちに受け入れてもらえるように、たくさん話をしました。そうじゃないとここでは何もできないと思ったから」(さやかさん)

 その後はホームルームや各クラスの授業を見学。生徒たちとコミュニケーションを図る。あるクラスではこんなやりとりを目撃。

さやか「えぇ~! つきあったんだ? よかったじゃん」
女子生徒「うん! 今めっちゃ幸せ」

 教師ではない、さやかさんだからこそ、こんな恋バナも許されるのだろう。この女子生徒が言う。

関連記事

トピックス