ライフ

「明治通りが海に見える」ウエストコースト風恵比寿の角打ち

波の音が聞こえてきそうな店内では外国人客の姿も目立つ

 東京・恵比寿の『阿波屋酒店』。大正10年(1921年)創業で、もうすぐ100年を迎えようかという名門だ。
 
 先代(3代目)の頃は角打ちとは無縁だったが、4代目の峯村妙子さん(39歳)が「私が継いだら、絶対に角打ちのできる店にしたいと、ずっと父に言っていた」と、2年前に夢を実現させたのだ。
 
 店の名は創業100年の衣をわざと脇に置いて『JOLLYS(ジョリーズ)』とした。
 
 米フロリダやカリフォルニアに語学留学の経験がある妙子さんが、サーファーのご主人・幸(みゆき)さん(39歳)と共に、酒・サーフミュージック・海をコンセプトに改装したというだけあって、アメリカ西海岸やハワイのテイストが色濃く漂っているのだ。
 
「JOLLYは、”愉快な”とか”お酒を飲んだときほろ酔いでご機嫌に”という意味なので、この店にはぴったりの名前でしょ。Sをつけたのは、みんなで一緒に、ってことで。奥のカーテンの向こう側はライブスペースだし、地下はリハーサルスタジオになっているんですよ。こんな角打ち酒屋、日本初だと思います(笑い)」(妙子さん)
 
 恵比寿で働く人も住まう人も、日本人も外国人も、この“ジョリーズ”な角打ちに心をわしづかみにされたようだ。

「ほろ酔いになるとね、目の前の明治通りがビーチに見えてくることがあるんですよ。信じられませんか?でも、飲むうちにわかりますよ。これがこの店でしか味わえないうれしい感覚なんです」(30代、通信系)
 
「家が近所なので、角打ちができるようになった最初の日から来ています。恵比寿らしいこんな洒落た店で安くてうまい酒が飲めるんですから、家飲み回数はぐっと減りました。年をとってもこのまま馴染みでいたいですね(笑い)」(40代、IT関連)

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン