• TOP
  • ライフ
  • 一生モノと思っていたインプラントに大問題、歯周病で脱落も

ライフ

2018.06.03 07:00  週刊ポスト

一生モノと思っていたインプラントに大問題、歯周病で脱落も

「ワンピース型は、過大な力が加わった時、フィクスチャーに直接負荷がかかるので、最悪の場合、フィクスチャー本体が壊れたり、骨との結合がなくなって、撤去しなければなりません。これに対してツーピース型は、過大な力に対してアバットメントが安全弁として壊れ、一番大事な部品であるフィクスチャーと、周囲組織を守ります」

 重要な点が高齢者になった時のリスクだ。認知症になって、自分で歯の手入れができないと、インプラントが凶器になる可能性があるのだ。

「介護施設に入っている認知症の高齢者は、ワンピース型の土台だけが二本飛び出して、反対側の歯茎を突き刺してしまい、血みどろになっていました。ツーピース型なら、アバットメントを外すだけで解決できるので、こんな悲惨なことは起きません」(小宮山氏)

“インプラント治療は、手術が終わってから始まる”と言っても過言ではない。専門的なメンテナンスを受けていないとしたら、インプラントを失う可能性がある。すぐに専門施設に相談すべきだろう。

※週刊ポスト2018年6月8日号

関連記事

トピックス