国内

殺処分候補から起死回生で警察犬候補となった柴犬・愛ちゃん

殺処分候補から、警察犬を目指して訓練中の愛ちゃん(写真提供/NPO法人しあわせの種たち)

 人間に危害を及ぼすおそれのある動物、あるいは不要となった動物を行政が殺して処分することを「殺処分」というが、その数はかなり減少。全国の犬猫殺処分数は1974年の約122万頭をピークから、2016年は約5.6万頭にまで割り込んだ(環境省調べ)。

 殺処分が減ったきっかけとなったのが、平成25年の動物愛護法改正。“終生飼養”の義務が明文化され、飼育している動物が寿命を迎えるまで、適切に飼育するべきとの方針となり、行政の殺処分施設だった各地の愛護センターが、命を生かす施設へと変わり始めたのだ。

 しかし、殺処分が大幅に減ったとはいえ、“噛む”など、人に危害を加える動物は、その対象とみなされることがある。

 そんななか殺処分候補から起死回生で命が救われた犬がいる。岡山県動物愛護センターに収容されていた柴犬の愛ちゃんだ。

 迷子犬だった愛ちゃんは人を恐れて噛みついたため、殺処分が決まっていた。しかし、NPO法人『しあわせの種たち』の理事長・濱田一江さんは殺処分予定日の1週間前からケアを行い、5日目には散歩に連れ出せるまでに。そして団体譲渡が許された。今では訓練士に預けられ、愛ちゃんは嘱託警察犬を目指してがんばっている。

 はじめは歯をむき出しにして威嚇していた愛ちゃん。今では穏やかな顔で愛想を振りまき、人気者に。残念ながら、今年は試験に不合格だったが、挑戦は続く。

※女性セブン2018年6月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン