ライフ

住宅街に灯る店灯りは父の遺志 家族で守る東京・田無の角打ち

「若い人が来るようになってうれしいです」と女将の理恵子さん

 西武新宿線田無駅。沈みかける夕陽の中、赤や緑の夏を実らせる野菜畑や、夏花の咲きこぼれる住宅地をぶらりぶらりと約15分。小金井公園へ続く府中道(ふちゅうみち)のつま先下がりの坂にたどりつくと、『ふじや酒店』の心安らぐ灯りが現れる。
 
 のども適度に乾き始めた、絶好のタイミングだ。
 
「駅からこれだけの距離にあるというのが、この店を愛する者に好材料なんです。駅近だと混みがちで入れないなんてことがあるけれど、そんな心配はまずなくて、ゆっくり飲めますから。でもここんとこ、角打ちのいい店ってことが口コミで広がり、新しい顔がふらりと入ってくるようになりましたね。それはそれでうれしいんですけど」(50代、公務員)
 
 店は昭和40年からこのなだらかな坂道の脇にある。
 
「当時はこのあたり、にぎやかな商店街だったのよ。でも、昭和が終わる頃になると、どんどん寂しくなってね。主人(恭章<やすあき>さん・享年53)が亡くなる前、坂道の上から見下ろしたとき真っ暗なのは寂しいよな。だから、ふじやの灯りは消すなよって。でも、辛い商売だから、ふたりいる娘に継がせるのは可哀想だなあと、悩んでいたんです」(先代女将・伊藤秀子さん・81歳)
 
 ところが、長女の大江理恵子さんは、いつからか父の遺志を継ぐことに決めていた。保育園の栄養士としての勤めを辞め、同い年のご主人・裕一さん(53歳)と共に、ふじやの灯りを灯し続けたのだ。
 
 それから30年。

「“ちょい飲み”という言葉を使って角打ちを始めたのは去年の5月からなんです。なにか新しい方向性をと考えていたところ、『店で飲めるようになれば楽しくなると思うよ』とか、『店で飲みたいな』みたいな話をするご近所の人が何人かいて。角打ちの店に飲みに行ったり、お邪魔して勉強させてもらったりして、思い切って始めることにしたんですよ」(理恵子さん)

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン