芸能

8.6秒バズーカー 現在の月収いくら?の質問に明かした金額

営業で地方を回ることもあるという2人


田中:直近の月収で言うと、ぼくは70万円、30万円、50万円でしたね。

――案外、多いですね。

田中:もっと悲しいやつのほうがよかったですか?(笑い) ぼくらを叩いてるやつよりもらってるかも(笑い)。

はま:やめろ、また別の意味で炎上するから。

田中:テレビの仕事は減っても、営業は全国に行ってますから。結婚式の余興もするし、ショッピングセンターとか、劇場とか。

――営業ではラッスンゴレライもやっているんですか?

田中:もちろん、大事なネタですから。営業や一見のお客さんが多そうな劇場では、手短にやっています。

はま:自己紹介的に(笑い)。

――ブレイク時と生活が変わったことは?

はま:タクシーに乗らなくなりました。以前は、仕事の移動で、自腹でガンガン乗ってたけど。事務所に領収書を渡しても戻ってこない(笑い)。今は時間調べて、電車で移動しています。

田中:貯金を覚えましたね。ブレイク当時は、1か月に何百万円も使ってたので。服とか時計ですね。今はめてる時計は160万円で、IWC。大学時代から欲しかったものです。あと、女の子と飲みに行ったり(笑い)。

はま:ぼくは貯金してましたよ。ギャラは全部、一旦親に預けるんです。藤崎マーケットのトキさんに言われたんですけど、「お前は絶対お金をいっぱい使ってしまうから、親を経由しろ」って。ギャラを全部親に預けて、親から毎月30万円もらって、その金で暮らしてました。

田中:それは偉いわ。

はま:それまで金がなかったので、30万円でも大金やって。そのとき家賃7万円だったので、あと23万円もあるから、なんでもできるやんって。

田中:ぼくはNSCのときには、スロットで貯めた1000万円があったんです。ブレイク前の話ですが、人生のうち1年くらいなら本気で頑張れるのかなって思って、無理やったら芸人になるのをあきらめようと思ってました。だからバイトもせず、芸のことばかり考えていました。

はま:ぼくはNSC時代、居酒屋、深夜のビデオの買い取り、コンビニでバイトしていました。

田中:ぼくがネタ作ってる間に、そんなにやってたんだ(笑い)。

――今、ラッスンゴレライに変わる新ネタはあるんですか?

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン