国内

薬物や拳銃の非合法取引が罷り通る「ダークウェブ」の実状

ネットで非合法な取引が(写真はイメージ)

「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の『ハスリンボーイ』(“ハスリン”という言葉は「非合法商売」を指す)で原作を担当する草下シンヤ氏が、知っておくべき最近の裏社会ワードとしてあげるのが、「ダークウェブ」だという。耳にしたことはあっても、詳しい内容がわからない方も多いだろう、この言葉……。『裏のハローワーク』を始めとする裏社会をテーマとした著書を執筆してきた草下氏がレポートする。

 * * *
 7月、警察庁が2018年版の警察白書を公表した。特集では「近年における犯罪情勢の推移と今後の展望」と題して、窃盗を中心とした刑法犯の減少が続く現状の一方で、ストーカーや特殊詐欺、サイバー犯罪などが「これまで以上に重要な課題になる」と指摘した。

 このうちサイバー犯罪については、2017年の摘発件数が過去最多の9014件となったことや、昨年10月に神奈川県座間市で起きた9人殺害事件に関連して、交流サイト(SNS)上での不適切な書き込み対策などを取りあげているが、匿名性が高い闇サイト「ダークウェブ」が犯罪の温床になっている点も合わせて指摘をしている。

 このダークウェブとは、インターネット上において特殊なブラウザやツールを使用しないとアクセスすることができないサイトである。

 海外のダークウェブにアクセスすれば、違法薬物やクレジットカード番号などの個人情報を皮切りに、拳銃、ロケットランチャー、コンピューターウイルスまで、ありとあらゆる非合法商品が販売されている。

 日本では「Tor」というブラウザを用いてアクセスする「Onionちゃんねる」が有名である。「Onionちゃんねる」を覗いてみると、覚せい剤、マリファナ、コカイン、LSDなどのドラッグが公然と販売されていて唖然とさせられる。たとえば次のような書き込みがずらりと並ぶ。

「氷、都内、手押しします」「野菜、最新品種入荷しました 早いもの勝ち」「東京・埼玉・神奈川販売 良質ネタ販売」「氷、キナコ、野菜なら安心の◯◯商店へ」……。

 氷は覚せい剤、キナコはコカイン、野菜はマリファナの隠語である。

 明確に1グラム○○円と販売価格が書き込まれ、連絡先の電話番号も記されている。もちろん、そこに記されているのはトバシかレンタルの番号だ。実際にダークウェブを経由して違法薬物を購入したことのある知人M氏(42歳)に話を聞いた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト