国内

薬物や拳銃の非合法取引が罷り通る「ダークウェブ」の実状

『ハスリンボーイ』は原作・草下シンヤ氏、漫画・本田優貴氏のコンビが描く

「メールアドレスが書いてある場合には、【メールで問い合わせ】→【連絡先電話番号を聞く、遠方の場合は振込先を聞く】→【入金後振込票の写メを送ることで送った証明をする、住所、振込先は隠さない】といった手順を踏みます。中には自宅ではなく、局留めで送ってもらう人もいると思います」

 メールアドレスではなく、電話番号がいきなり書かれている場合もあるという。

「俺はだいたいこっちでしたね。郵送よりも早いし、相手の雰囲気もわかりますから。基本的に一番新しい日付の書き込みを信用して電話をかけます。面倒くさいのは嫌なので、都内手渡しと案内があるものを選びます」

 この時、非通知でかけると「通知してかけて」と切られるという。だが、番号を通知すれば売人につながる。

「インターネットを見たんですけど冷たいの押してるんですよね(※覚せい剤を売っているんですよね)、という会話から始まって受け渡し場所と時間を決めます。取引は双方封筒に入れた現金とブツを日常会話しながら交換、そのままバイバイです」

 手渡しの場合は最寄り駅や自宅まで届けてくれる売人もいるという。しかし、薬物の売人は確実に裏社会の住人のはずだ。接触して危険な目に遭うことも考えられるが……。

「ほとんどすべての売人は、日本人ですね。その筋の人ですか? とは聞けないですけど、暴力団関係者は多いと思いますよ。だけど、そこはジャンキー同士のよしみだったり、販売元と顧客という関係もあったりして、そんなにヤバイことにはならないですよ」

 とはいえ、基本的に売人と顧客はダークウェブを通じてすれ違うような関係性だ。薬物を販売するといって偽物を売られて詐欺にあったり、売人に警察の内偵捜査が入っていて逮捕されるといったリスクはないのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン