芸能

突然の活動休止から22年、Wink活動再開を待望する声

10年ぶりに復活を遂げたWink(Wink30周年特設サイトより)

 懐かしいメロディーとダンスが時空を超越した。8月18日、NHK総合『思い出のメロディー』で相田翔子(48)と鈴木早智子(49)のユニット『Wink』が10年ぶりに復活。『淋しい熱帯魚』『愛が止まらない ~Turn It Into Love~』の2曲を披露し、視聴者を魅了した。

 Winkは1988年11月発売の3枚目のシングル『愛が止まらない ~Turn It Into Love~』が徐々にランキングを上げていき、年が明けてから大ヒット。その後も、『涙をみせないで ~Boys Don’t Cry~』『Sexy Music』などヒット曲を連発。

“アイドル冬の時代”と言われたこの時代、1992年まで約4年にわたって13作連続で10万枚以上のヒットを飛ばし、トップアイドルに君臨した。1993年には作詞・大黒摩季、作曲・織田哲郎の『咲き誇れ愛しさよ』で3年ぶりに売り上げ30万枚以上を記録する復活劇も見せた。

 そんなWinkも、1996年3月限りで活動休止となる。これは2人の意思ではなく、事務所から約1か月前の2月に通告されるというあまりに寝耳に水の話だったようだ。鈴木早智子はのちにこう話している。

〈時代劇のロケから帰ってきたら、「3月31日付で活動を休止する」と突然告げられました。(中略)ロケに行く前は、次のシングルの話もしていたのに。翔子とは『夜もヒッパレ』で休止を発表する日に初めて会いました。休止についてはお互いいっさい触れず、普段どおりに話してましたね〉(『FLASH』2008年11月4日号)

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン