• TOP
  • ビジネス
  • オーケーのユニークな取り組み、お友達宅配、PB商品にも注力

ビジネス

2018.08.29 16:00  女性セブン

オーケーのユニークな取り組み、お友達宅配、PB商品にも注力

『デリ・ブティックワイン』を「当社自慢の品」と語る二宮社長(撮影/矢口和也)

 サービス産業生産性協議会実施の調査では7年連続顧客満足度1位を獲得し、TBSラジオの生活情報番組『ジェーン・スー 生活は踊る』が主催した「2018年 スーパー総選挙」でも、2年連続1位となり、主婦を中心に絶大な支持を得ているスーパー「オーケー」。

 基本方針に「高品質・Everyday Low Price」を掲げ、“超顧客重視”の姿勢を徹底的に追求する同社は、食料品価格の3%相当額の値引きを実施したり、自動発注システムを導入して売り場の鮮度を保つなど、精力的に高品質・低価格実現のための取り組みを行ってきた。

 今後の取り組みについて、二宮涼太郎社長が語る。

「当社は、今後も変わらず基本方針を徹底しながら、さらに店舗数を拡大していきます。そのためには、時代の変化や会社の規模に合わせた、新たな取り組みも必要です。現在、店舗数の拡大に合わせた物流網構築のため、神奈川県寒川町に約3万坪の土地を取得し、来年、大型物流センターの稼働を予定しています。

 物流の効率化を図るため、自動機器を多く取り入れ、これまで問屋さんから直接店舗に納品していた商品の一部を、同センターで管理・仕分けします。センターから商品を計画的に納品することで、店舗の作業効率も上がります。結果、より一層の低価格が実現するでしょう」

 他にはないユニークな取り組みとして、2017年6月から、会員向け宅配サービス「お友達宅配」も始まった。これは、専用のスマホアプリから、会員のAさんがお友達のBさんに、オーケーに買い物に行くついでにおつかいをお願いできるというもの。依頼されたBさんは、商品代金(税込)の10%(代金が3000円未満の場合は一律300円)を手数料として受け取れる。

 気軽にお願いでき、代金も立て替えてもらう必要がない。主婦のちょっとしたお小遣い稼ぎや、足腰が悪い高齢者に向けた取り組みとしても注目を集めている。また、プライベート・ブランド(PB)商品にも力を入れている。

「当社のPB商品『デリ・ブティックワイン(赤・白)』の年間販売本数は、おかげ様で100万本を超えました。1本379円(税抜)と低価格ながら、『都内の一流ホテルのハウスワインと同じものを創ってください』とワインメーカー大手のメルシャンさんにお願いして、創って頂いたものです。この3月から新たに誕生したロゼも、おいしいと好評なんですよ」(二宮社長)

 この他にも、1杯約16円のドリップコーヒーや、500円ほどで買える店舗手作りの「オーケーピザ」など、オーケーに行けば手に入る、高品質なのに低価格なオリジナル人気商品は沢山ある。「オーケーに来たら損はさせない」「オーケーがあって本当によかった」お客様にこう言ってもらいたいという、60年前に描いた飯田会長の創業時の思いは、まさに今現実となっている。

※女性セブン2018年9月6日号

関連記事

トピックス