スポーツ

高校野球 球数制限より「予選から7回制に変更すべき」論

甲子園で881球を投げた金足農・吉田(写真:藤岡雅樹)

“金農フィーバー”に沸いた夏の甲子園100回大会。だが、その陰で突きつけられた大きな課題が、投手の「球数制限」だ。〈大エースが潰れてしまうほどの連投や球数は制限すべき〉〈一部のエリートを守るだけの球数制限は必要ない〉──賛否両論の球数制限について、同志社大学政策学部教授の太田肇氏は、こんな提案をする。

 * * *
 夏の高校野球全国大会の余韻がなかなか冷めない。今年の大会は100回記念の名に負けない盛り上がりを見せたが、その主役はなんといっても金足農業高校、そしてエースの吉田輝星選手である。雪国の公立農業高校が都会の名門私立高校をつぎつぎに倒しての躍進に涙を流し、決勝まで一人で投げ抜いたエースの豪腕ぶりに拍手喝采した人は少なくなかった。

 一方、フィーバーの裏側で批判の声も上がった。吉田選手が大会を通じて投じた881球、秋田予選から数えると1517という球数には、「苛酷」という言葉がピッタリする。

 成長途中の高校生にとって、これだけの球数はあまりにも負担が大きく、へたをすると将来の野球人生を台無しにしかねない。国内外から届く批判の声を受け、この問題には野球関係者だけでなく政治家も関心を示すなど、波紋は広がっている。

 唱えられる改革案のなかでひときわ注目されているのは、アメリカのように球数を制限してはどうかという案だ。たしかに一見すると合理的なようだが、つぎのような弊害もある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン