• TOP
  • 芸能
  • デビュー18年目の山内惠介 若返っているような気分

芸能

2018.10.09 07:00  女性セブン

デビュー18年目の山内惠介 若返っているような気分

デビュー18年を迎えた山内(撮影/木村直軌)

 紅白初出場前から、本誌・女性セブンは惠ちゃんこと山内惠介の成長を追い続け、貴重なショットを収め続けてきた。35才の節目に、集大成となるベストアルバムをリリースする惠ちゃんと、懐かしい時代を振り返りました。

「18曲って1枚のCDに入れられる曲数の限界なんです。聴き終わる頃には、1日の半分が過ぎたような充実感ですよ(笑い)」(山内・以下同)

 デビュー曲から最新曲の『さらせ冬の嵐』まで18曲を収録した3年半ぶりとなるベストアルバムのジャケットには、ステージでのきらびやかな印象とは変わって、柔らかにほほ笑む惠ちゃんの姿が。

「この写真を“学生っぽい”と言ってくださるかたもいて。ぼくはデビューが現役高校生の時でしたが、いつも大人に囲まれて、当時は学生っぽさを見せないよう背伸びしていました。 20代になってからも、若手に思われたくなくて、ずっと“早く30才になりたい”と憧れていたんです。最近は逆に、どんどん若返っているような感覚かな(笑い)」

 2015年の初出場から3年連続紅白出場も果たし、演歌界を代表する“貴公子”として多忙を極める惠ちゃん。だが、周囲の状況が変わっても、歌への感謝は変わらないという。

「歌でおなかいっぱいにはならないけど、歌を聴くことで気持ちが前に進めるし、ステージに立つぼくは、聴いてくださるお客さまからエネルギーをもらえるんです。魔法ですよね、歌って」

 真剣な眼差しで語る惠ちゃんだが、女性セブンの懐かしい記事を発見すると…。

「いろんなことやりましたね~。紅白出場前から応援してくださっていますから、なんでもやりますよ! 女性セブンさんになら自宅公開してもいいです!(笑い)」

 サービス精神旺盛な貴公子が、歌謡界に巻き起こす更なる“嵐”に吹き飛ばされないよう、女性セブンもどこまでも追っかけます!

※女性セブン2018年10月18日号

関連記事

トピックス