芸能

今年CDデビューしたKing&Princeの6人が語る「現在地」

King&Princeが今年の“メモリアルな出来事”を語る

「首元にキスマークって、セクシーですよね」──この日、首元にキスマークをつけた撮影をした時、神宮寺勇太(20)は不敵な笑みを浮かべた。

『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で見せた“弟キャラ”や“天然キャラ”など、最近ではお茶目な一面を披露する機会が増えてきたKing&Prince。

 だが、やはり彼らが最も魅力的に映るのは、“セクシー”な表情ではないか。今回、撮影に当たって“キスされた後のアダルトな顔”をリクエストすると、岩橋玄樹が「メンバーの中でいちばん色っぽいのはぼくでしょ」と語り始めるなど、6人がそれぞれの個性溢れる艶っぽい色気を醸し出した。

 King&Princeにとって2018年はCDデビューを果たすなど、“メモリアル”な1年になったことは間違いない。少年から大人の男へと成長し続ける彼らの現在地を聞いてみた──

岸優太(23才):デビューから4か月…ありがたいことに今まで視聴者として見ていた番組に数多く出させていただいたり、先輩がたとの共演が叶ったり、さまざまなことが起こったメモリアルな1年でしたね。

高橋海人(19才):まだ終わってないけどね(笑い)。

平野紫耀(21才):歌番組もバラエティー番組も全部がメモリアルですけど、おれはドラマ(TBS系『花のち晴れ~花男Next Season~』)で神楽木晴を演じられたことはデビューしたことと同じくらい大きなことだったかなあ。やっぱり。

高橋:紫耀は今年、映画も2本(『honey』『ういらぶ。』)主演したもんね。ぼくは漫画誌(少女漫画雑誌『ベツコミ』)の連載で、漫画家の先生たちと出会えたことは大きかった。デッサンとか基本的なことも学べたし。あとはこれから(特技の)ダンスをもう一回習おうかなと思ってる。

永瀬廉(19才):へえ~、そうなんや。おれはやっぱりツアーがメモリアルだったなあ。ステージの上から見た景色は一生忘れることはないんだろうと思う。次はドーム目指したいよね。

岩橋玄樹(21才):いずれはアメリカにも進出したい。今年は大好きなアメリカでいろいろ勉強することができて、それも幸せな体験でした。

岸:イワゲンは英語頑張ってるからね。外国の人と流暢に話もできてすごいと思う。

神宮寺:ぼくはドラマ(日本テレビ系『部活、好きじゃなきゃダメですか?10月22日深夜スタート』)の主演が決まったのがメモリアルな出来事。毎日楽しくて充実してます。

平野:デビューして変わったことをよく聞かれるんですけど、全然ないんですよね。確かに周囲の環境は少し変わったかもしれないけど、ぼくらの気持ちは変わってなくて。個人としても、グループとしても“King&Princeってなんでもできるよね”と思われるようになりたい。

高橋:これまでのジャニーズにはない、新しい“メモリアル”なグループを目指していきます!

※女性セブン2018年10月18日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト