ライフ

親は知っておきたい 不登校の子供にかけるOKワードとNGワード

知っておきたい、不登校の子供へのOKワード・NGワード(写真/アフロ)

 子供が学校に行きたくなさそうにしていたら、どのような態度をとればいいのだろうか。子供たちは、自ら「休みたい」といったり、休む理由を言ったりすることは少ない。不登校になると親は動揺して、どうにか原因を聞き出そうとするが──。

「“どうしたの? こういうこと?”などと畳みかけて問うと、子供は詰問されている気持ちになりますし、親の期待と違う答えをすると嫌われるのではないかという不安もあり、言葉が出なくなることがあります」

 こう話すのは、認定NPO法人育て上げネット・母親の会「結」統括の蟇田(ひきた)薫さん。子供と接する時は「焦らない・慌てない」ことを心がけてほしいと話す。

「“食欲がないし、あなたのことが心配なんだけど、何かあったの?”などと言って少し待ち、それでも答えなければ、“話したくなったら言ってね”と、回答をパスさせてあげるのも手です」(蟇田さん)

 では、声かけのOKワード、NGワードを見てみよう。

【NG】
「どうして学校に行きたくないの?」
【OK】
不登校の理由は明らかにしなくてもいい。自分でも理由がわからなかったり、表現できない子もいる。また、親の気持ちを読み、休ませてもらいやすいウソの理由を答えるケースもあるからだ。

【NG】
「学校に行くのがあなたの仕事でしょ」
【OK】
つらそうにしていたら、「休んでいいよ」「ちょっと休んで充電しようか」などと親から助け船を。子供は"今・この瞬間"に不安を感じているので、休みの提案が子供を安心させる。

【NG】
「休んでもいいけど勉強はしてね」
【OK】
子供も勉強をしなくてはいけないと思っている。しかし、エネルギーが不足しているためできないのだ。不登校中は、子供が楽しめることをすすめてあげよう。

【NG】
「家にいるなら、これくらいやってくれない?」
【OK】
家事を頼む場合、「将来役立つから一緒にやらない?」「してもらえると助かる」という言い方がおすすめ。子供に「忙しい母を助けた」という自信がつくと、自尊心も高められる。

※女性セブン2018年10月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン