ライフ

本当にあった感動の猫話、猫カフェ店主の人生を変えた「兄貴猫」

「猫カフェ 猫家」の看板猫として7年間勤務した天太(写真提供/猫カフェ 猫家)

 猫を飼っている人の数だけ、愛猫との心温まるエピソードがあります。例えば、とある猫カフェの店主は、ある1匹の猫との出会いにより、人生が大きく変わったと言います。今回はそんな、本当にあった猫との珠玉の物語を紹介します。以下、店主の振り返りです。

 * * *
 その猫の名は「天太」。今年の6月、眠るように天国へ旅立ちました──。天太は私の飼い猫ではありませんでした。しかし、私の人生において彼との出会いは大きく、亡くなって4か月経った今でも、ふとした瞬間に涙がこぼれてしまいます。

 あれは今から14年前のこと。当時、私は会社に勤めていました。

 ある日、部下から、「猫を飼うのですが、ブリーダーの家が遠いので一緒に来てもらえませんか」と、相談を受けたんです。車で約1時間半。私は部下と一緒にブリーダーのお宅へ行き1匹の猫と出会いました。それが天太です。

 初めて抱かせてもらった時の天太の温かさ、柔らかい毛の感触は、仕事で疲れていた私の心を幸せな気持ちでいっぱいにしてくれました。

 その後も天太のことが気になり、ちょこちょこ会わせてもらっていました。しかし、さすがに部下の家を頻繁に訪れるわけにもいかず…。どうしたものかと悩んでいました。

◆面倒見のよい“兄貴猫”天太。きっと今も見守ってくれているはず

 天太に会いたくても、ままならない日々の中で私は、自分のように猫は飼えないけれど、猫に会いたい人は、たくさんいるんじゃないかと思ったんです。ちょうどその頃、世の中に“猫カフェ”が登場。私は思い切って脱サラし、猫カフェを開くことにしました。

 そして2008年9月、念願の店をオープン。天太もメンバーに加わってくれました。

 天太は人懐っこく、他の新入り子猫に顔を叩かれても抵抗しないようなやさしい子でした。面倒見もよく、自然と猫カフェの兄貴分的な存在に。2m近い高さを軽々とジャンプする姿もかっこよく、猫カフェの“看板猫”として人気者になりました。

 天太が癒したのはお客様だけではありません。経営が厳しい時、愚痴をこぼす私の手を舐め、そばに寄り添ってくれるのです。それはまるで「頑張ろうぜ」と、慰めてくれているようでした。

 天太は、カフェの大黒柱として7年も働いてくれましたが、その頃から少しずつ体調のすぐれない日が続くように。

 天太の命を蝕んだのは、悪性リンパ腫、肝臓がん、腎臓がんでした。

 そして3年の闘病後、自宅で静かに息を引き取りました。死の3か月前の彼の誕生日には、店でお祝いをしたので、こんなに急にお別れになるとは思ってもみませんでした。

 今でも天太がよく寝ていた場所に目を向けてしまいます。姿は見えないけれど、きっとそこからみんなの様子を見ているような気がするんです。

 天太と出会えたおかげで私は第2の人生を歩むことができました。天太との出会いに心から感謝しています。

※女性セブン2018年10月25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン