• TOP
  • ライフ
  • 本当にあった感動の猫話、猫カフェ店主の人生を変えた「兄貴猫」

ライフ

2018.10.13 16:00  女性セブン

本当にあった感動の猫話、猫カフェ店主の人生を変えた「兄貴猫」

「猫カフェ 猫家」の看板猫として7年間勤務した天太(写真提供/猫カフェ 猫家)

 猫を飼っている人の数だけ、愛猫との心温まるエピソードがあります。例えば、とある猫カフェの店主は、ある1匹の猫との出会いにより、人生が大きく変わったと言います。今回はそんな、本当にあった猫との珠玉の物語を紹介します。以下、店主の振り返りです。

 * * *
 その猫の名は「天太」。今年の6月、眠るように天国へ旅立ちました──。天太は私の飼い猫ではありませんでした。しかし、私の人生において彼との出会いは大きく、亡くなって4か月経った今でも、ふとした瞬間に涙がこぼれてしまいます。

 あれは今から14年前のこと。当時、私は会社に勤めていました。

 ある日、部下から、「猫を飼うのですが、ブリーダーの家が遠いので一緒に来てもらえませんか」と、相談を受けたんです。車で約1時間半。私は部下と一緒にブリーダーのお宅へ行き1匹の猫と出会いました。それが天太です。

 初めて抱かせてもらった時の天太の温かさ、柔らかい毛の感触は、仕事で疲れていた私の心を幸せな気持ちでいっぱいにしてくれました。

 その後も天太のことが気になり、ちょこちょこ会わせてもらっていました。しかし、さすがに部下の家を頻繁に訪れるわけにもいかず…。どうしたものかと悩んでいました。

◆面倒見のよい“兄貴猫”天太。きっと今も見守ってくれているはず

 天太に会いたくても、ままならない日々の中で私は、自分のように猫は飼えないけれど、猫に会いたい人は、たくさんいるんじゃないかと思ったんです。ちょうどその頃、世の中に“猫カフェ”が登場。私は思い切って脱サラし、猫カフェを開くことにしました。

 そして2008年9月、念願の店をオープン。天太もメンバーに加わってくれました。

 天太は人懐っこく、他の新入り子猫に顔を叩かれても抵抗しないようなやさしい子でした。面倒見もよく、自然と猫カフェの兄貴分的な存在に。2m近い高さを軽々とジャンプする姿もかっこよく、猫カフェの“看板猫”として人気者になりました。

 天太が癒したのはお客様だけではありません。経営が厳しい時、愚痴をこぼす私の手を舐め、そばに寄り添ってくれるのです。それはまるで「頑張ろうぜ」と、慰めてくれているようでした。

 天太は、カフェの大黒柱として7年も働いてくれましたが、その頃から少しずつ体調のすぐれない日が続くように。

 天太の命を蝕んだのは、悪性リンパ腫、肝臓がん、腎臓がんでした。

 そして3年の闘病後、自宅で静かに息を引き取りました。死の3か月前の彼の誕生日には、店でお祝いをしたので、こんなに急にお別れになるとは思ってもみませんでした。

 今でも天太がよく寝ていた場所に目を向けてしまいます。姿は見えないけれど、きっとそこからみんなの様子を見ているような気がするんです。

 天太と出会えたおかげで私は第2の人生を歩むことができました。天太との出会いに心から感謝しています。

※女性セブン2018年10月25日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス