国内

注目の豊洲市場をレポート 見学者用コースやオブジェも充実

まぐろの巨体を豪快にさばく姿は迫力満点(写真/アフロ)

 築地から引っ越しをして、連日メディアに取り上げられている豊洲市場。見どころ満載の場内をレポートする。

【6街区】
 魚店や寿司店が水産物の仕入れに訪れる『水産仲卸売場棟』がある。棟の4階には漬物やのりなどを販売する約70の物販店、3階には22の飲食店が軒を連ね、お寿司や海鮮丼といった水産物だけでなく、牛丼やカレーなども堪能できる。屋上は緑化広場になっていて、臨海部や東京タワーが一望できる。

 見学者コースには四季折々の旬の魚と調理法を紹介するパネルが展示されている。

【7街区】
 国内外から水産物が集まり、せりなどの取引を行う『水産卸売場棟』と、とんカツやだんごなどの飲食店13店舗が集まる『管理施設棟』が立ち並ぶ。『水産卸売場棟』の見学者デッキからはせりの様子が見られる。

『水産卸売場棟』の見学者通路には、市場で働く人々のスケジュールや魚市場の歴史がわかるパネルの展示が充実している。

 せりの様子は2階の見学者通路からも見下ろすことができる。まぐろのせりをより間近で見られる専用デッキでの見学は、2019年1月15日からスタートするので要チェック!

【5街区】
 野菜や果物を扱う『青果棟』があり、青果店や飲食店が仕入れに訪れる。見学者通路の壁面は菜の花やいちごなど季節を象徴する野菜や果物に合わせて12の色で彩られている。

 広々とした見学者デッキの中央に置かれた青果棟のジオラマに興味津々。

 見学者通路には12の窓がある。それぞれの窓の壁が1月から12月の旬の野菜や果物の色に塗られており、見た目にも楽しい。

※女性セブン2018年11月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン