ビジネス

パリの街中行き交う「電動キックボード」 日本でも流行るか

通勤にも使われるパリの電動キックボード

 モノの「所有」から「共有」を目的としたシェアリング・サービスが世界中で活況を呈しつつあるが、その代表格がクルマや自転車などの移動手段だろう。フランス・パリの街中では“電動キックボード”が行き交っているというが、果たして日本でもこうしたモビリティ社会が当たり前の光景になるのか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

 * * *
 今年10月に開かれたパリモーターショーを取材するためにフランスを訪れました。パリのモーターショーは隔年開催なので、個人的には2年ぶりとなる訪仏です。

 今回のショーは、開催120周年を祝うものでありましたが、皮肉にも不参加メーカーが続出。“新型車はモーターショーで世界へお披露目する”という、これまでの手法が廃れゆく──そんな変化の見られるショーとなりました。時代の移り変わりを目撃した心境です。

 しかし、そんな中でもメルセデスベンツは旧来のスタンスを維持。新しいコンセプトカーや新型モデルを数多く持ち込み、ショーを大いに盛り上げてくれました。

 そんなメルセデスベンツの発表のひとつが「EV化されたスマートを使ってパリでカーシェアリング・ビジネスを行う」というものでした。すでに欧州のあちこちの都市で実施されている『Car 2 go』というカーシェアリング・サービスをパリでも2019年から開始しようというのです。メルセデスベンツは「パリは規模など、さまざまな点からカーシェアに向いている」とも言います。

 そう言われてみれば、パリの中心街は、日本でいうところの山手線内ほどのサイズ。日本のようなビルド&スクラップではなく古い建物を大切にしているので空き地があまりなく、駐車場も少ないために基本が路上駐車。クルマを所持して使いまわすのは、正直、不便そうです。

 そういう意味でシェアリング・サービスのニーズは高い街と言えるでしょう。そして、実際に街中のあちこちで、シェア用の自転車を目にすることができます。さらにウーバーといったライドシェアも利用可能です。

 また、2011年からは電気自動車のカーシェア・サービス「オートリブ」もスタートしていました。ただし、「オートリブ」は自転車などのライバルのシェアサービスに負けてしまい、2018年に撤退となっています。それだけパリはシェアリング・サービスが盛んで、しかも競争が激しいと言っていいでしょう。来年には、メルセデスベンツのサービスも始まりますから、競争の厳しさは、さらに増すのではないでしょうか。

 そんなシェアリングの激戦地パリで、新しいサービスを目にしました。「電動キックボード」のシェアリングです。

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン