ビジネス

パリの街中行き交う「電動キックボード」 日本でも流行るか

シェア自転車は日本でも普及が進みつつあるが…

 パリの外郭となる環状線の近くのカフェで、パリジャンの朝の出勤の様子を眺めていれば、数分ごとに電動キックボードが通り過ぎます。若者だけでなく、年配の女性にも利用者がいました。

 走るのは自転車用の走行レーン。パリは車道や歩道の一部に自転車走行レーンが存在します。そこにボンヤリと立っていると、自転車の人に怒られるほど、自転車用走行レーンの存在は当たり前。そこを電動のキックボードがのんびりした自転車と近いスピードで走行しています。

 キックボードなので、スカートやコート姿でもOKですし、そのまま持って地下鉄やバスにも乗れます。地下鉄から降りたら、また電動キックボードで移動。なかなか便利そう。さすが、シェアリングの盛んなパリだ! と感心することしきり。これは世界中で流行するのではないでしょうか。

「日本にも導入されれば……」と一瞬、頭をよぎりましたが、冷静に考えてみると相当に難しいことに気づきます。

 まず、日本では、電動キックボードが、そのまま公道を走ることはできません。もしも走るのであれば、原動機付自転車(いわゆる原付バイク)と同じ扱いになりますから、ライトやウインカー、ミラーが必要になります。乗る人には、運転免許証が必要で、しかもヘルメットも着用しなくてはなりません。

 もちろん走るのは、自動車と同じ道路。パリのように自転車と同じように扱うことができないのです。これでは、もしも導入されても、面倒くさくて利用する人は、ほとんどいないでしょう。同じサービスでも、地域の事情によってフィットしないことも十分にあるという例ですね。

 ただし、世界中でシェアリング・サービスが増加しているのは確かで、日本でもその傾向はみられます。自転車だけでなく、電鉄会社や自動車会社によるシェアリングの実証実験が数多く行われています。日本には、どのようなシェアリング・サービスが普及するのか。今後に注目です。

■撮影/鈴木ケンイチ

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン