• TOP
  • ライフ
  • 特大ヒット映画「カメ止め」で監督一家の家計はどうなった?

ライフ

2018.11.14 16:00  NEWSポストセブン

特大ヒット映画「カメ止め」で監督一家の家計はどうなった?

ふくだみゆきさんと細野真宏さん(撮影/矢口和也)

 今年の2018年における社会現象とまで言われるようになった映画『カメラを止めるな!』。2018年6月に2館で劇場公開し、SNS上の口コミで評判が広がり劇場で満席が続き話題となり、7月には全国拡大公開が決まり今では300館を超えるまで「感染」し、製作費が300万円の低予算映画ながら、興行収入が遂に30億円を突破した。実に、「原価の1000倍の儲けになった」ことになる。そして、今月7日には今年の「流行語大賞」に「カメ止め」がノミネートされるなど、このシンデレラストーリーの主役である上田慎一郎監督一家の家計は、一体、映画のメガヒットでどのように変わったのだろうか?

 実は、この『カメラを止めるな!』の大ヒットの陰には、上田監督の妻の「ふくだみゆき」さんがいることを世間ではまだ知られていない。あの有名な『カメラを止めるな!』のポスターやロゴや衣装などを担当するなど、陰の功労者でもある。そして、上田監督一家の家計を管理し続けていたのも、ふくだみゆきさん。そんなふくださんに、発売以来9年連続完売記録を更新している『細野真宏の「節約力」がアップする家計ノート2019年』の著者で家計のことを知り尽くす細野真宏さんが「女性セブン」にて独占スクープインタビューを敢行し、「カメ止め」のお金の流れと、メガヒット映画で家計はどのように変化していったのかが初めて詳細に明かされた。

 さらに映画「カメ止め」のお金の話に加えて、衝撃的な「上田監督一家の意外過ぎる面」も次々と明かされている。

 映画『カメラを止めるな!』は、「ネタバレ厳禁!」が観客の合言葉になっていたので、記事の見出しでも「ネタバレ厳禁!」を踏襲し、「実は、大ヒット映画監督夫婦は●●●人だった!」「実は、大ヒット映画監督夫婦は●●チで失敗!」「映画の歴史的な大ヒット前では貯金が●円に!」など、映画のような仕掛けもしている。

「女性セブン」では、今年最大の社会現象を起こした『カメラを止めるな!』のお金の全貌に迫る『「カメ止め」のお金の話を全部お話します!』を、11月15日(木)発売の特大合併号で、5ページにわたり掲載している。

関連記事

トピックス