芸能

西城秀樹さんの妻「ようやくアルバムを眺められるように」

2005年、軽井沢で撮った家族写真

 今年5月に63才という若さで2018年5月16日に亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46才)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。

 これまで明かされていなかったが、秀樹が最初に脳梗塞となったのは2001年の秋のことだった。そして、2003年6月には2度目の脳梗塞を経験している。

 2005年には第3子が誕生し、3人の子供の父親となった秀樹は、再発の不安を抱えながらも精力的に仕事をこなすようになった。コンサートはもちろん、2009年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』や、『趣味の園芸 やさいの時間』(NHK Eテレ)にレギュラー出演。2011年3月にはミュージカルで初めての悪役にも挑戦した。

 脳梗塞の影響もあり、舞台は難しいと本人も感じていたが、悩んだ末にオファーを受けた。ものすごい集中力で台本を覚え、無事に長丁場の舞台を乗り切った。この頃の秀樹は病気前の姿に近いといえるぐらい回復していたという。

 しかし、その年の年末、再び脳梗塞が秀樹を襲った。歌手として最も忙しくなる年末年始の仕事をすべてキャンセルするほかなかった。翌年の1月末には仕事復帰していたが、病状は悪化していたという。

 寝ていても目が回るが、検査を受けても原因がわからない。秀樹と美紀さんが“クルクル病”と名づけたその症状は、ステージに立っているときだけ治まるが、日常生活では回り続ける。美紀さんの不安は強くなっていった。

《(秀樹の)体はじわじわと思うようにならないことが増えていました。言葉もうまく出なかったり、言ったことを忘れて何回も同じ事を聞いてしまったり…》(美紀さんの著書『蒼い空へ』より。以下《》内、同)

 秀樹が多系統萎縮症と診断されたのは、そうした予感を抱いた直後のことだった。脳が萎縮することで、自律神経障害が出るようになる病気だ。2015年、野口五郎をサプライズゲストに迎えた還暦ライブを成功させた裏で秀樹は満身創痍だった。

 しかし、誰もが秀樹の回復を信じていたし、何より本人は意欲的だった。長年秀樹のマネジャーとして連れ添った片方秀幸さんはこう話す。

「同年代のかたがテレビで活躍している姿を見るたび、“そろそろテレビの仕事を入れてくれよ”“(郷)ひろみが出てるじゃん。おれもテレビ出なきゃ”と意欲を見せていました。秀樹さんは病気のことよりも、いつも仕事の話か子供の話ばかり。楽しそうに前向きに話していた。今よりもっとよくなるし、絶対回復すると信じていました。だから今年は“本格的にリハビリをして回復の1年にしよう”と秀樹さんと話をしていたところでした」

 5月26日、蒼天の下、東京の青山葬儀所で秀樹の葬儀が営まれた。喪主の美紀さんと3人の子供に参列者は皆、かける言葉も見つからず、野口五郎と郷ひろみの弔辞は多くの人の涙を誘った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン