国際情報

香港の実業家拷問死で警官9人に有罪、香港政府に批判も

中国の警官による拷問、香港政府にも批判の矛先が

 香港の4つ星ホテル、キンバリーホテルなどを経営していた香港の実業家、劉希泳氏が2016年11月に中国吉林省でビジネス上のトラブルに巻き込まれて逮捕されたのち、2017年3月に警察の取り調べ中に拷問などを受けて死亡していたことが分かった。その後、取り調べをしていた警官9人が逮捕され、今年10月に天津地裁で行われた裁判では、9人の供述から劉氏への取り調べの状況が具体的に明かされた。

 裁判では、中心的に取り調べを行った警官に懲役15年の刑が下されるなど、9人全員に有罪の審判が下った。劉氏は香港の市民権を取得していたが、香港特別行政区政府は中国の警察当局に抗議のコメントを出しておらず、香港メディアによる香港政府への批判が高まっている。

 劉氏は1979年、米ハーバード大学に留学しビジネススクールで修士課程を修了。その後、香港でビジネスの世界に入り、中国国有のコングロマリット企業「光大集団」に食い込み、中国大陸で観光業や金融業で成功し、ホテル業などを興し巨万の富を手にしたといわれる。

 しかし、光大集団の総帥、朱小華会長が汚職で逮捕されると、劉氏のビジネスにも陰りが見え始める。2016年11月、出張先の吉林省延辺朝鮮族自治州で逮捕され、天津に移送されて、翌年3月から本格的な取り調べを受けていた。

 取り調べに当たっていた9人の警官は4日間、劉氏を眠らせずに、暴力による拷問などで自供を強いたという。その結果、劉氏は肋骨数本や腕や足なども骨折していたほか、水責めで呼吸ができない状況に追い込まれるなどして、最終的に心臓病で死亡した。

関連キーワード

関連記事

トピックス