スポーツ

FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7

FA移籍が決まった浅村栄斗(時事通信フォト)

「三顧の礼」で迎えられながら、期待された活躍ができない“FA組”は、これまで数多くいた──。メジャーリーグを参考に、日本球界にFA制度が導入されたのは1993年オフのことだ。以降、権利を行使して国内の球団に移籍した選手はのべ86人いる。プロ野球のデータに詳しいジャーナリストの広尾晃氏が解説する。

「大枚をはたいて獲得しても、主力として活躍する期間は平均して2年程度。移籍前後の成績を比べると、移籍後にキャリアハイを記録した選手はたった7人しかいません。ほとんどの選手が成績を落とし、中にはまったく試合に出なかった選手もいた。数字で見ると、“FAの9割は失敗”と言っていい」

 最多勝投手(1998年)を経験しながら、移籍後に1勝も挙げられずに引退した川崎憲次郎(2000年にヤクルト→中日)のような選手もいるだけに、広尾氏の分析は説得力を持つ。

 そんなFA戦線に、今オフは西武の浅村栄斗(28)、炭谷銀二朗(31)、オリックスの西勇輝(28)、広島の丸佳浩(29)の4人が名乗りを上げた。クリーンナップを打つキャプテンとして17度目のリーグ優勝を果たした「山賊打線」を牽引した浅村が、先陣を切って楽天への移籍を表明したが、これだけ“失敗例”が多いと、来季以降もこれまで通りの輝きを維持できるのか、不安を覚えるファンは少なくないはずだ。

 1994年オフにFA宣言し、ヤクルトから巨人に移籍した広澤克実氏は、1年目は全試合に出場し、107安打、20本塁打、72打点の成績を残したが、2年目はケガの影響で38試合の出場に留まった。広澤氏が振り返る。

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン