国際情報

ロシア極東部で農業従事の中国人、農薬大量使用で国外追放も

ロシアでも中国人トラブルが発生

 中国と国境を接するロシアの極東部やシベリアなどで、農業に従事する中国人が増加している。市場に出回るトマト、キュウリなどの野菜類はほとんど中国人が栽培したものだが、あまりにも大量の農薬や化学肥料を使ったものが多く、不買運動が起こっている。

 さらに、ロシア人のなかには、中国人農家のビニールハウスを取り壊すなどの実力行使に及ぶ者も出ており、中露間の外交問題にも発展しそうな勢いだ。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 ロシア政府はロシア領で農業を営む中国人農家に対して、所得税を免除する優遇策を打ち出している。極東部やシベリア地区は寒冷地で、農業に向いていない地域であることから、ロシア人住民の多くは農作業に関心が少なく、野菜を中心とする農作物が不足しているからだ。

 その点、中国の人々は一般的に農業を生業としており、農業に対する抵抗感が少なく、税金の減免によって、農業に取り組みやすいという側面がある。

 しかし、地元のロシア住民によると、中国の野菜栽培農家が大量の農薬を使用しているため、土地にダメージが蓄積されてしまい、3~5年後には耕作できなくなる恐れがあるという。さらた、野菜の残留農薬が人間の健康にも悪影響を及ぼしており、近年、健康を害する住民が増えているとの指摘もある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン