芸能

黒木瞳が舞台『細雪』降板、代役の浅野ゆう子との因縁も

舞台を降板した黒木瞳と代役の浅野ゆう子

 舞台『細雪』に出演する予定だった黒木瞳(58才)が降板することがわかった。一体何があったのだろうか──。

《黒木瞳さんどうした?》《史上初のOG4姉妹を見たかったのに》《4姉妹の要の長女が降板!? どういうこと!?》。宝塚ファンが騒然となる“怪事件”が起きた。

 来年5月に東京・日本橋の明治座で舞台『細雪』が上演される。『細雪』は谷崎潤一郎の名作。昭和10年代の大阪船場の老舗木綿問屋を舞台に、戦争に向かって揺れ動く時代を美しく優雅に生きる4姉妹の姿を描く。映画やテレビで何度も実写化され、舞台の上演回数は昨年1500回を超えた。

 今年5月に発表されたキャスティングは、長女役に黒木瞳、次女に一路真輝(53才)、三女に瀬奈じゅん(44才)、四女に水夏希(46才)と、元タカラジェンヌのトップがズラリと勢ぞろい。「オール元宝塚」にファンは色めきたった。

 ところが、11月14日、ツイッターにこんな投稿がされた。

《明治座にて、来年5月公演『細雪』に長女・鶴子役で出演させていただくことになりました》

 ファンが驚いたのは、この投稿をしたのは黒木ではなく、浅野ゆう子(58才)の事務所だったからだ。

 明治座公式サイトの『細雪』チラシに掲載された黒木の写真はいつの間にか浅野の写真と入れ替わり、「元タカラジェンヌたち」の宣伝文句は消えた。明治座からは説明もなく、キャスト変更の公式発表すらしていない。

「黒木さんサイドから、“出演を辞退したい”と突然の申し入れがあったそうです。理由は共演者にも説明されていません。“衣装と脚本が気に入らなかったからだ”という話が出ていますが、それだけで降板までするのかという疑問もあって…」(舞台関係者)

『細雪』は過去に淡島千景さん(享年87)、八千草薫(87才)ら名だたる宝塚OGが4姉妹を演じてきた。しかし、今回のように4姉妹全員が元宝塚というのは史上初。黒木にとってはそこにも違和感があったのか。

「元宝塚でそろえたのは、主催者側が話題性を狙った面もある。2017年の前回公演では、客席が埋まらないこともあったそうですから。ただ、黒木さんとしては“それって女優としての実力でちゃんと選んでるの?”と思うところはあったようです。元宝塚としての格も違う。“今さら宝塚をウリにするのってどうなの”という気持ちもあったのかもしれません」(宝塚関係者)

 突然の降板に舞台裏は慌てた。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン