ビジネス

レトルト市場の4割がカレー、鍋つゆや調味ソースも牽引

レトルトカレーの生産量は右肩上がり

 昭和30年代後半、日本の経済成長にともなう生活向上のために女性が社会に進出。共働きの家庭が増加したことで、学校から帰ると自ら家の鍵を開ける“カギっ子”も増えていった。そんな時代の要請もあって、誕生したのがレトルト食品だ。

“レトルト”といってまず思い浮かぶのはカレーだが、レトルトの50年の歴史の中で、ご飯やスープ、おかずなど、さまざまなパッケージのモノが登場している。

 日本缶詰びん詰レトルト食品協会の金村宣昭さんによると、「レトルト食品というのは光や空気を通さない容器に食品を詰め、密封後、100℃を超える高熱で殺菌したものをさす」と言う。

「1968年に発売された『ボンカレー』は、市販用としては世界初のレトルトカレーです。これを機に、1970年代には釜飯の素やシチュー、ハヤシライスの素、ミートソースなど、多くの種類が続々と発売されました。ボンカレーを開発した『大塚食品』には、個食の時代がくるという、先見性があったと思いますね」(金村さん)

 市販のレトルト第1号の賞味期限は2~3か月だったが、今はどの商品も2年程度が一般的。また、湯煎だけでなく、電子レンジ調理も可能になった。

「レトルト市場ではカレーがおよそ4割を占めていますが、現在、市場をけん引しているのは主に鍋つゆや料理用調味ソースです。チンジャオロースや回鍋肉など、手の込んだ多くの食材やスパイス類を必要とする料理が簡単に、しかも時短で作れるため、その利便性がウケていると思います」(金村さん)

 現代人は忙しく、調理の簡便さを求める傾向がある。そのため年間を通してスーパーの棚にはパスタソースや料理用調味ソースが並び、鍋つゆが多くのスペースを占めている。

「最近では、以前は考えられなかった生活習慣病対策に特化した商品も調剤薬局で販売されています。これからも健康ニーズに応える商品は増えていくと思います」(食文化研究家のスギアカツキさん)

※女性セブン2018年12月20日号

関連キーワード

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン