国内

コンパクトな家族葬や直葬が人気、だが都市部と地方部温度差も

人気の小規模葬儀、都市部と地方部で温度差も(写真/アフロ)

 いわゆる“家族葬”や“直葬”といった、小規模な葬儀を選ぶ人が増えている。しかし、家族葬や直葬は、近年ようやく認知されはじめたので、まだまだ“全国共通”とは言い難い。そのため、家族葬を行う際は、事前に親族との認識をきちんと擦り合わせておかないと、後に大変なことになることも。埼玉県在住の50代主婦の桐谷さん(仮名)が自身の体験を話す。

「義父の葬儀でした。家族葬で送ることは以前から相談していましたし、家族は納得しているはずでした。なのに、葬儀当日になって、田舎から出てきた義姉が突然、『こんな小さな葬儀じゃ、お父さんがかわいそう』とか、『みじめな葬儀で何とも思わないのか、ひどい嫁だ』と散々わめき散らしたんです。葬儀を再度やるのだけは免れましたが、この一件で私と義姉の関係は修復不可能な状態になりました」

 義姉が怒り出した理由について、日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子さんが話す。

「事前に話していたとはいえ、一般的な家族葬は私たちが思っているよりも質素なものです。そのイメージがしっかりとできている人はよいのですが、電話で事前に聞いた程度、しかも家族葬に肯定的な人から聞いた情報では、実際に目にした時と想像とのギャップは大きいでしょう。

 また、都市部と地方では葬儀に対する温度感も違います。地方では、『葬儀は知人・友人も含めたみんなで見送るもの、家族葬は親不孝』という感覚が強いため、遠くの親戚が『こんなみじめな葬儀でかわいそう』と怒り出したりするのです。

 家族葬や直葬を選ぶ際は、地域の温度差や地元のしきたりにも注意を払う必要があるでしょう」

 親族とのトラブルだけでなく、家族葬や直葬を主催した遺族自身が耐えられなくなることもあるという。

「意義を理解していても、あまりにこじんまりとした葬儀や、淡々と事務的に葬儀が進むのに耐えられず、火葬後に再度、葬儀を行った遺族もいます」(佐々木さん)

 葬式は、故人を葬るためでもあるが、送り出す遺族がお別れするための心の整理の時間でもある。いくら家族葬や直葬が格安とはいっても、一度の判断が一生の後悔につながらないよう、決断したい。

※女性セブン2019年1月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン