国内

前半と後半で明暗分かれる「平成」 昭和の常識が終わる時代

2019年4月に終わる平成(時事通信フォト)

 1989年1月に始まり、2019年4月に終わる“平成”について、マーケティングコンサルタントの西川りゅうじんさんは「前半と後半で、光と影、明と暗に分かれる」と言う。

「前半はバブル景気の残り香がありました。トレンディードラマがはやり、イケイケの女性は『ジュリアナ東京』で扇子を振り、OLは海外に出かけてはブランド品を買いまくる。日本全体で“昨日より今日、今日より明日はもっとよくなる”と希望に満ちていましたね」(西川さん)

 だが、「バブル崩壊後の1991年から、高度経済成長期で常に上向きだった昭和の常識が通じなくなった」と、トレンドウォッチャーのくどうみやこさんは語る。

「長期にわたる経済停滞で、景気や株価、個人消費などすべての面で低迷。“失われた20年”と呼ばれる局面が到来したのが平成です。さらに自然災害が多発。インターネットやSNSなどテクノロジーは進化しましたが、少子高齢化や核家族化が進み、人口も2004年を境に減少へと推移。おひとりさま文化が浸透し、家庭的な昭和とは真逆の暮らし方へと変化したのも平成です」(くどうさん)

※女性セブン2019年1月3・10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト