芸能

3位は『NARUTO』、平成元年以降連載「漫画発行部数」TOP10

1994年に『週刊少年サンデー』で連載スタートした『名探偵コナン』

 平成はどんな漫画の時代だったのだろう。連載漫画発行部数ランキングで、振り返ってみよう。

 ランキングには、サンデー、ジャンプ、マガジンでの連載を経て単行本化した作品が多く並ぶ。平成の作品は、大人向けと少年向けの線引きがなくなり、年齢のボーダーレス化が進んでいる。

【平成元年以降 連載漫画発行部数ランキング】
1位 『ONE PIECE』尾田栄一郎 集英社 3億6000万部
2位 『名探偵コナン』青山剛昌 小学館 2億部
3位 『NARUTO-ナルト-』岸本斉史 集英社 1億3500万部
4位 『SLAM DUNK』井上雄彦 集英社 1億2000万部
5位 『はじめの一歩』森川ジョージ 講談社 9400万部
6位 『金田一少年の事件簿』さとうふみや、金成陽三郎 講談社 9000万部
   『BLEACH』久保帯人 集英社 9000万部
8位 『HUNTER×HUNTER』 冨樫義博 集英社 7200万部
9位 『進撃の巨人』 諫山創 講談社 7100万部
10位 『鋼の錬金術師』 荒川弘 スクウェア・エニックス 7000万部

(「漫画全巻ドットコム」漫画歴代発行部数ランキングをもとに編集部が作成)

 女性漫画が皆無という結果に。テレビ解説者でコラムニストの木村隆志さんは、「女性漫画の多くは大衆向けではなく、BLのように狭い嗜好に応えるものが多いため、バカ売れは難しいのでは」と語る。

 さらに、トレンドウォッチャーのくどうみやこさん「1位の『ONE PIECE』は、仲間や絆を大切にしようという風潮の中で、人生の歩み方を教えてくれるバイブル的存在。自分らしく生きるヒントがいっぱい詰まっているところが人気の秘密なのでは」と分析した。

※女性セブン2019年1月3・10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン