• TOP
  • 国際情報
  • 頭髪を剃って妻らが猛抗議、拘束2年の人権派弁護士の裁判

国際情報

2018.12.30 07:00  NEWSポストセブン

頭髪を剃って妻らが猛抗議、拘束2年の人権派弁護士の裁判

人権派弁護士の裁判が注目を集めている

 中国当局に拘束された人権派弁護士や活動家の妻4人が12月17日、北京で頭髪を剃って抗議の意思を表明。抗議内容は、2年もの間、裁判が開かれないなどの法的な不備や人権侵害についてだったが、その9日後の12月26日、人権派弁護士の裁判が行われていたことが分かった。

 いわゆる米中貿易戦争などで米中関係が悪化するなか、トランプ米政権は悪化する中国の人権問題を批判する動きを強めている。そんなことから、習近平指導部は国際世論を意識して、拘束から2年が経過してようやく初公判を開いたものとみられる。

 抗議活動をした4人は2015年7月9日、中国当局による人権弁護士の一斉検挙、いわゆる「709事件」で拘束された王全璋弁護士の妻、李文足さんら。

 英・BBC放送などによると、李さんによると、夫の王弁護士とは接見さえ許されておらず、過去3年間に警察に30通以上の請願書を送ったものの、回答はないという。

 これに抗議して、李さんらは12月17日の午後2時ごろ、北京の最高人民法院(最高裁)の前で31回目となる抗議活動を行い、「なぜ当局は法の適正な手続きに従わないのか、答えてほしい」などと訴えた。

 このあと、李さんら4人は順次、バリカンで頭髪をそり落とした。中国語では「髪」と「法」は発音がほぼ同じの「ファー」。

 4人は声をそろえて「無髪好(ウーファーハオ)」、「無法不好(ウーファーブハオ)」と叫んだ。

関連記事

トピックス