国内

ゴーン事件が日本の後進性を世界に知らしめる、と元検事

レバノンのゴーン氏支持を表明する電光看板 Abaca/AFLO

 日産自動車前会長・カルロス・ゴーン氏の逮捕で、世界中が「先進国・日本」に疑問を抱き始めている。弁護士で元検事の郷原信郎氏が指摘する。

 * * *
 昨年12月、東京地検特捜部は、「退任後の役員報酬約50億円を有価証券報告書(有報)に記載しなかった」という虚偽記載の罪でゴーン氏を起訴した。

 私はネットメディア等で、この容疑について疑義を唱えてきた。役員退任後にコンサル契約や競業避止契約で支払うことを合意していたとのことで、検察はそれが「確定」していたから、在任中の役員報酬として記載すべきだと主張するが、それは、コンサル・競業避止契約の対価であって、役員報酬ではない。

 ゴーン氏には、在任中の役員報酬を決める権限はあっても、退任後の報酬は、その時点の経営者が決めることでゴーン氏には権限はない。また、記載義務があると言うなら、社長の西川氏が作成・提出義務がある有報に自分の判断で記載すれば良かった。刑事事件にして、突然逮捕するような重大な事案だとは到底言えない。

 この事件は、検察がゴーン氏を追放したい日産側に騙されたか、退任後の役員報酬というものを勘違いしたか、いずれかではないかと疑っているが、間違いに気づいても検察は暴走を始めると止まらない。ゴーン氏逮捕で国内外に重大な影響を与えた上で不起訴にすれば、検事総長のクビが飛ぶ。「組織の論理」からすれば起訴は想定通りだった。今後、検察は裁判を長期化させ、結果を先延ばしして責任の所在をうやむやにしようとするだろう。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン