芸能

常盤貴子が6年間の裁判所通い 「役作り」超越した筋金入り

裁判所で目撃情報も(時事通信フォト)

「最近、傍聴マニアの間で“常盤貴子さん(46)を見た”という目撃情報を聞いていましたが、まさか本物だったなんて……」

 そう語るのは、『裁判中毒』の著者で裁判傍聴歴36年のジャーナリスト・今井亮一氏だ。常盤が出演した1月1日放送の『関口宏のフレンドパーク2019』(TBS系)で「裁判傍聴にハマっている」と明かし、法曹関係者が色めき立っているという。

「番組で常盤さんは“地下1階の食堂で蕎麦を食べながら、弁護士や検事の会話を聞くのが好き”と話していました。東京地裁の地下食堂は200人ほどの席がありますが、“俺たちの会話も聞かれていたかも”と思っている法曹関係者もいるのではないでしょうか(笑い)」(今井氏)

 常盤は1月スタートのドラマ『グッドワイフ』(TBS系)で弁護士役を演じているため、裁判所での目撃情報は「ドラマの役作りのためじゃないの?」と見る向きも多いかもしれないが、あるテレビ関係者は「いやいや、あの人は筋金入りですよ」と打ち明ける。

「常盤さんが初めて裁判傍聴に行ったのは2012年。実に6年間にわたって、刑事事件だけを傍聴するために東京地裁に通い続けているのです。

 たしかに、その際も弁護士役のドラマが決まったのがきっかけでしたが、それ以降ずっと続けているのは“1つの事件でも、見る人の角度によって捉え方が異なるのが面白い”“自分にはない新しい視点を発見できる”からだと話していました。普段は見せない人間のエゴが見られるのも魅力だそうで、月に1回は欠かさず傍聴に行き続けているようですよ」

 裁判所に行けば、常盤の“普段は見せない姿”が見られるかも?

※週刊ポスト2019年2月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
WBC表彰式後の大谷翔平(AFP=時事)
WBC決勝前、大谷翔平はなぜ「憧れるのをやめましょう」と言ったのか 心理士が指摘する“憧れ”の副作用
NEWSポストセブン
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
「次は芦田さんに司会を」という声もあるという(時事通信フォト)
芦田愛菜、名門私大進学に続いて期待される「紅白最年少司会」 女優・学業・司会の三刀流なるか
週刊ポスト
任意聴取時には「救急車を呼ぼうとしたが」とも話していたという
【肉声入手】京都タリウム殺人 完全黙秘の容疑者が知人に明かしていた「彼女の死後に宇多田ヒカルで号泣」「20万円の“弔いシャンパン“」
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)
藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」
週刊ポスト
決死の告白をした被害者の「メープル」さん(Netflix『全ては神のために:裏切られた信仰』予告編より)
韓国宗教団体・摂理の教祖、信者への性犯罪で何度も逮捕 数百人の日本人女性も被害に
週刊ポスト
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン