スポーツ

具志堅用高氏「70歳まで世界王者誕生に力を注ぎたい」

WBAから贈呈された「スーパーベルト」

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

 元プロボクサーの具志堅用高氏(63)が持ってきたのは、WBAから贈呈された「スーパーベルト」。

 ハングリー精神を拳に込めて世界王者となった具志堅氏。13連続防衛の日本記録を遂げ、国際ボクシング殿堂入りを果たした。WBAから贈られたスーパーベルトはそうした功績の証だ。

「今も鮮明に覚えているのは、王者ファン・ホセ・グスマンとのタイトルマッチ。右アッパーでとどめを刺したけど、最も手応えがあったのは最初にダウンをとった右フックだよ」

 王座獲得は沖縄本土復帰から4年後のこと。英雄となった石垣島の漁師の次男坊は、沖縄の人々の希望となった。今は天然キャラでタレント業もこなすが、優先するのはジムでの指導。

「若いボクサーが僕に夢を与えてくれている。70歳くらいまでは世界チャンピオン誕生に力を注ぎたい」

 昨年末、5人目の孫が誕生。

「初の男の子。一緒にスポーツ観戦がしたい。しかし、女の子は嫌われそうで叱れないね(笑い)」

 世界のカンムリワシも孫には簡単にノックアウトされそうだ。

【プロフィール】ぐしけん・ようこう/1955年、沖縄県生まれ。元プロボクサー。1976年、WBA世界ジュニアフライ級(現ライトフライ級)王座を獲得。4年間で13度連続防衛後、1981年に引退。ボクシングジム会長を務める傍ら、芸能活動でも人気を博す。

◆撮影/渡辺達生、取材・文/スペースリーブ

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2019年2月1日号

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン