ライフ

七輪の温もりに肩の荷を降ろし「元気になる」大分の老舗角打ち

七輪を囲み山小屋風の倉庫跡でホッとする客たち

 大分市在住の角打ち愛好家たちは、“市内で角打ちのできる酒屋さんはもはや3軒だけになってしまった”と嘆く。そんな3老舗のうちのひとつ、JR日豊(にっぽう)本線大分駅南口から徒歩10分弱の場所にある、昭和29年創業の『大畑酒店』を訪ねてみた。

 店にたどり着き、思わず漏れた「おお、ここだ」のうれしいつぶやきとともに見上げる屋号の看板には、「元気な酒屋 おおはた」と大書されている。

 主人の大畑洋一さん(62歳)が、看板どおりの元気な笑顔で語る。

「いい悪いにかかわらず、時代は常に変わっています。でも、どんな時代であっても人間は誰でも何かを背負って生きているわけでしょ。重いですよね。それをここで一瞬でも降ろして、ゆっくり飲んで元気になって帰ってくれればと。そんな思いもあって、こんな看板にしたんです」

 洋一さんは長男であることで、ごく自然にそれほどの覚悟も持たず、26歳のときに2代目を継いだという。

「でもいつからか、うちに酒を買いに来る人と店でゆっくり話をしたいなと思うようになりましてね。それなら角打ちがいいんじゃないかと。コンビニにという誘いも何度かあったんですが、機会を待ちながら、25年前に店を建て替えたときに、角打ちができるようにしたんです」

 そして12年前に、役目を終えた倉庫を整理し、そこでもゆっくり飲めるようにリニューアルした。これが常連客のほろ酔い心をグッとつかんだ。

「店全体で飲めるようになっているので、みんなそれぞれ好きな飲み場所があるんですけどね。でも、店を入って右奥の元倉庫だったこの空間を気に入ってる人が多いんだな。雰囲気は山小屋風で、気の利いた飾りはガラスの浮き球くらいしかない。暖房も火鉢と七輪に熾した炭火だけ。エアコン?そんなもんありませんよ。夏だって、扇風機とうちわだけだもの。でもそんな火鉢や七輪がいいんだよ。柔らかい温もりが、飲んでる私らを円く包んでくれるし、肴も網の上でおいしく焼けるしね。それから、洋一さん、温美(はるみ)さん夫婦がこれまたとても温かくてさ。それら全部が元気の素になっているんですよ」(60代、電機関係)

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン