• TOP
  • ライフ
  • 七輪の温もりに肩の荷を降ろし「元気になる」大分の老舗角打ち

ライフ

2019.02.26 16:00  NEWSポストセブン

七輪の温もりに肩の荷を降ろし「元気になる」大分の老舗角打ち

七輪を囲み山小屋風の倉庫跡でホッとする客たち

 大分市在住の角打ち愛好家たちは、“市内で角打ちのできる酒屋さんはもはや3軒だけになってしまった”と嘆く。そんな3老舗のうちのひとつ、JR日豊(にっぽう)本線大分駅南口から徒歩10分弱の場所にある、昭和29年創業の『大畑酒店』を訪ねてみた。

 店にたどり着き、思わず漏れた「おお、ここだ」のうれしいつぶやきとともに見上げる屋号の看板には、「元気な酒屋 おおはた」と大書されている。

 主人の大畑洋一さん(62歳)が、看板どおりの元気な笑顔で語る。

「いい悪いにかかわらず、時代は常に変わっています。でも、どんな時代であっても人間は誰でも何かを背負って生きているわけでしょ。重いですよね。それをここで一瞬でも降ろして、ゆっくり飲んで元気になって帰ってくれればと。そんな思いもあって、こんな看板にしたんです」

 洋一さんは長男であることで、ごく自然にそれほどの覚悟も持たず、26歳のときに2代目を継いだという。

「でもいつからか、うちに酒を買いに来る人と店でゆっくり話をしたいなと思うようになりましてね。それなら角打ちがいいんじゃないかと。コンビニにという誘いも何度かあったんですが、機会を待ちながら、25年前に店を建て替えたときに、角打ちができるようにしたんです」

 そして12年前に、役目を終えた倉庫を整理し、そこでもゆっくり飲めるようにリニューアルした。これが常連客のほろ酔い心をグッとつかんだ。

「店全体で飲めるようになっているので、みんなそれぞれ好きな飲み場所があるんですけどね。でも、店を入って右奥の元倉庫だったこの空間を気に入ってる人が多いんだな。雰囲気は山小屋風で、気の利いた飾りはガラスの浮き球くらいしかない。暖房も火鉢と七輪に熾した炭火だけ。エアコン?そんなもんありませんよ。夏だって、扇風機とうちわだけだもの。でもそんな火鉢や七輪がいいんだよ。柔らかい温もりが、飲んでる私らを円く包んでくれるし、肴も網の上でおいしく焼けるしね。それから、洋一さん、温美(はるみ)さん夫婦がこれまたとても温かくてさ。それら全部が元気の素になっているんですよ」(60代、電機関係)

関連記事

トピックス